グランドセイコー(SBGT021)の電池交換料金は税込・送料込6,825円也

2013年10月07日
修理から戻ってきたグランドセイコーSBGT021

グランドセイコーを新品で購入してから約1年経過したある日、電池寿命切れのサイン(2秒運針)が出ていることに気付いた。

本来の電池寿命は約3年間だが、出荷時のモニター電池ではそこまで長くは持たない。ということは重々承知しつつも、まさか1年で切れるとは。まあ、考えてみればアウトレットで購入した型落ち品なのだから、こんなものかもしれない。たまたま日本に居る時で良かった。

グランドセイコーの電池交換はセイコー公式サイト内の申し込みフォーム(グランドセイコー オンライン修理受付)から直接申し込むことができる。費用は5,250円+往復送料1,575円=6,825円(税込)。

たかが電池交換に7,000円近く(スウォッチ1本分)もかかるなんて高すぎる。どうにかして安くできないものかと思いデパートの時計売り場で聞いてみたところ、電池交換だけなら2,625円(税込)でやってくれるとのこと。ただし、セイコーのような防水テストやパッキン交換などはなく、単に電池を交換するだけ。

ではデパート経由でセイコーに依頼した場合はどうなるのかと聞いてみたら、電池交換費用5,250円+手数料2,100円=7,350円(税込)とのことで、素直にネットでセイコーに直接申し込んだ方が安い。

1年しか経っていないのでパッキン交換など必要ない気もしたが、タイで長期間高温にさらされていたことを考えると劣化していないとも限らず、長く使い続けるならメンテナンスだけはしっかりやっておくべきだと思い、結局セイコーに直接申し込んだ。

申込日の5日先が最も早い引取り日で、当日は佐川急便が専用の箱を持って引き取りに来た。専用の箱といっても上の写真のように薄っぺらな紙箱にウレタン(スポンジ)が2個入っているだけのちゃちな物。スポンジで時計をサンドイッチするようにして入れるようだが、時計の裏蓋が傷付かないようにするための保護材は用意されていなかった。

※PC修理の引取りのように業者が梱包まで全部やってくれるわけではなく、箱に入れるところまでは自分でやらないといけない。

Sponsored Links


グランドセイコー修理完了ご報告書

申し込みの5日後に引取りに来て、引取りから12日後(申し込みから17日後)に修理を終えて手元に戻ってきた。セイコー公式サイトには「お預かりからお届けまで1〜2週間」とあるから、一応期限内ということになる。

同梱されていた"報告書"によれば、

【主な点検項目】
●外装
ケース(洗浄)/ガラス/りゅうず/文字板/針/裏ぶた/パッキン(交換)
●バンド
バンド(洗浄)/駒/中留
●ムーブメント
運針/出力信号/精度/電池電圧/消費電流/磁気入り/電池(交換)

修理内容:電池交換
処置:電池及びパッキンの交換を実施致しました。

【修理完了後の検査】
外観/機能/運転/防水

…となっている。これだけやってくれて5,250円なら安いかな、と思えてくるから不思議である。
posted by k | 時計