チェンマイ市内のロイクラトンと郊外のロイクラトン - 表の顔と裏の顔

2013年11月17日
自家製クラトン

写真は自家製のクラトン(灯籠)。土台はバナナの茎、周りのビラビラはバナナの葉でできている。一見環境にやさしいように見えるが、実はホチキスや小さな釘のようなものを多用しており、全く以てエコではない。こんなものを川に流して大丈夫なんだろうか…とさえ思う。川底はホチキスの針や釘だらけだったりして。

灯篭流し

本来は夜に行うものだが、昼間に一番乗り。近所(チェンマイ郊外)の川のほとりに特設された桟橋から願いをこめて灯籠を流す。といってもこの川は「沼」に近いもので流れがほとんどなく、灯籠は一箇所にずっと留まったまま。こんなんで願いが届くのだろうか…。

スポンサーリンク


タイの闘鶏

桟橋付近ではビールやウイスキーなどの酒類が売られ、その脇では仮設リングで闘鶏が行われ人集りができていた。闘鶏は言うまでもなく賭博であり違法。でも今日はお祭りだからマイペンライ!?なのだろうか。賭けの仕組みはよくわからないが、「200バーツ!」「250バーツ!」などと叫んでいた。

昨年見学したチェンマイ市内のロイクラトン(チェンマイ・イーペン祭り)では出店の数は多いのに酒を売る店は(コンビニを除き)皆無、もちろん闘鶏などもまったく見かけなかった。さながらチェンマイ市内のお祭りは"表の顔"(虚像)、近所のお祭りは"裏の顔"(本来の姿)といった風情で、実に好対照。


自家製コムロイ

こちらは自家製のコムロイ(熱気球)。骨組みは竹、熱源はティッシュ、本体は和紙のような薄い紙でできている。これも一見環境にやさしいように見えるが、熱源の固定に細い針金を使用しており、やはりエコではない。

コムロイの打ち上げ

願いをこめて熱気球を放つ。グングン上昇して風に乗り、あっという間に見えなくなってしまう。どこまで飛んで行き、どこで落ちるのやら…。


尚、今年のチェンマイのロイクラトン祭りは11/16(土)-18(月)だが、もともと祝祭日ではないため明日(月曜日)は平日で普通に学校もある。
スポンサーリンク

Privacy Policy