タイの写真屋(DPEショップ)で証明写真を作る

2014年07月19日
タイの富士フィルムDPEショップ

チェンマイ郊外の街中にある、ごくありふれた富士フィルム系の写真屋。

タイのDPEショップ店内

店内のカウンターにはPCモニターが並び、客が持ち込んだ画像データを(向こう側でPC操作する店員と話しながら)客がモニターで見ながらプリントしたい写真を選べるようになっている。

証明写真の場合は店内で撮影することもできるが(料金は聞き忘れた)、私は自分のデジカメで胸から上を撮影した写真をメモリーカードに入れて持ち込み、ビザ用サイズ(縦6cm×横4cm)での加工をお願いした。

モニターには作業中の様子ももれなく映し出され、自分の顔がズームアップされたりすると(店内に晒され)なんとなく気恥ずかしい。プライバシーもへったくれもないので、人に見せられないような写真は持ち込まない方がいいだろう。

スポンサーリンク


タイで作った証明写真

とくに何も言わなくても写り具合や背景をレタッチソフトで綺麗に修正し、このように切り揃えるところまでやってくれる。

実際の仕上がりは縦5.2cm×横4cmだったけれど、多少違っていてもイミグレーションでサイズについてとやかく言われることはまずないからマイペンライ。

また、多少古い写真でも(見た目に大きな変化がなければ)問題ない。実際、今回作った証明写真(元データは約3年前に撮影したもの)もイミグレで問題なく通用しているし、あと数年は使うつもり。一度きちんと撮影しておけば、そのデータは何年も使えるのである。

気になるプリント料金はというと…12枚で50バーツ也。安い。日本だとセルフでも4枚で700円くらいしたと思う。(品質にこだわらなければ)写真はタイでプリントするに限る。

【参考】
・はがきサイズ(4×6インチ):2〜4バーツ/枚数により
・A5サイズ(6×8インチ):10バーツ/枚
・六切りサイズ(8×10インチ):20バーツ/枚
・A4サイズ(8×12インチ):50バーツ/枚
・四切りサイズ(10×12インチ):50バーツ/枚
posted by k | カメラ
スポンサーリンク

Privacy Policy