焼酎に目覚め、芋焼酎のお湯割りに嵌まる

2015年11月10日
プレミアム焼酎

日本にいる時はウイスキーやワイン、日本酒を好んで飲んでいたのだけれど、最近になって焼酎に目覚めた。

どういうわけか(体質の変化か?)ウイスキーをあまり飲みたいと思わなくなり、たまたま入手した焼酎のお湯割りを試してみたところ、しっくりきたのである。

実は、それまでは泡盛を含め焼酎全般がすきでなく、意識的に避けていた。

スポンサーリンク



一口に焼酎といっても日本酒同様に多種多様であり、素人にはどうやって選んだら良いのかさっぱりわからない。

ネットで調べてみると、芋焼酎は独特のクセがあるから初心者向けではないという。

その一方で、有名どころやおすすめの銘柄はというと、これがほぼすべて芋焼酎なのである…。

仕方がないので、そこそこ有名かつ近所で(定価で)入手できるものをいくつか試している最中。


いま飲んでいるのは、年に二回だけ限定販売される『赤霧島』。クセが少なく、ほんのりした甘味と爽やかな後味は焼酎初心者でも飲みやすい。

楽天市場では単品での定価販売は極めて少なく(稀にあっても送料が高い)、抱き合わせかプレミアムを付けているショップがほとんど。こういうのを近所で定価で入手できると、なんとなく得した気分になる。

赤霧島の前に飲んでいたのは『明るい農村』(赤芋仕込み)。これもクセが少なく、赤霧島よりもう少し甘くて余韻が残る(気がする)。

そういえば、ANA(NH875)のビジネスクラスで提供された焼酎は『蔓無源氏』(つるなしげんぢ)という銘柄で、非常に深みのある味わいだった。もう一度飲んでみたいと思いつつも、近所ではどこにも売っていない。今にして思えば、さすが日本の航空会社、と思わせる渋いチョイスだった。


ちなみに、チェンマイでも日本の(あるいは日本風の)焼酎は売られているが、結構値が張るので試してみる気になれず、一度も買ったことはない。

日本酒同様にタイにも一応あるにはあるけれど種類はごく限られ、良いものはない(日本のプレミアム級のものは望むべくもない)。それでいて値段だけは日本の倍くらいもするという状況。

やはり、日本酒と焼酎は日本で飲むに限る。
posted by k | 料理・果物
スポンサーリンク

Privacy Policy