90日レポートだけでなくリエントリーパーミットやビザ延長でも必要書類が増加

2016年07月15日
Foreign National information Form

5月下旬に申請した家族ビザを受け取りに空港近くの旧イミグレーションへ行ったところ、色々なことが大きく変わっていた(変わりつつあった)ので、忘備録として書き留めておく。

Sponsored Links


旧イミグレで90日レポートとリエントリーパーミットの業務を再開


空港近くの旧イミグレは(リタイアメントビザを除く)長期ビザ延長のみの業務だったが、2016年7月15日現在、90日レポートとリエントリーパーミットの手続きもできるようになっている。


90日レポート/リエントリーパーミット/ビザ延長の必要書類が増加


他のタイブログでも90日レポートで追加書類が必要になったことは既に報告されているが、リエントリーパーミット(再入国許可)やビザ延長(全カテゴリ)等の手続きにおいても、従来の書類に加え「Foreign National information Form」という名称の書類1枚と顔写真が新たに必要となった。

1枚だけとはいえ表裏両面にびっしりと記入項目があり、両親の氏名、日本の自宅住所/電話番号、Facebook/LineのID、メールアドレス、車/バイクのメーカー名/車種/色/ナンバー、よく訪れる場所(クラブ/レストラン/ショップ/病院等)、緊急連絡先の氏名/住所/電話番号、銀行名/支店名/口座名義/口座番号…等など、(これでもか、というくらいの)実に多岐にわたる個人情報である。

しかしタイ人には個人情報保護という観念がほぼ皆無だし、現にチェンマイのイミグレでは個人情報流出が起きているので、ここまで詳細な個人情報は恐ろしすぎて晒せない。

実際のところ、(書きたくないので)半分くらい空欄のまま出したけれどそれですんなり通ったので、かなりいい加減な扱いのようである。今のところは。


周辺国の人向け業務を旧イミグレに再移転


(イミグレで周辺国の人たちに全然会わないことを不思議に思われた方はいるだろうか?)現在プロムナーダの新イミグレ対面に設置(隔離?)されているラオス/カンボジア/ミャンマー/ベトナム人専用の手続き場所が来月から旧イミグレに戻されるとのこと。

戻されても従来通り他の外国人とは区別(差別?)される(別棟で行われる)ため、我々日本人には直接関係のない話ではあるが、狭い旧イミグレ及び周辺の駐車スペースや待合スペースが今よりも混みあうようになる可能性が高い。


以下、参考まで。

90日レポートの必要書類 ※代理申請可、オンライン申請可

1. FORM FOR ALIEN TO NOTIFY OF STAYING LONGER THAN 90 DAYS (TM.47):1枚
2. Foreign National information Form:1枚
3. 顔写真:1枚 ※2の表面に貼り付け
4. パスポート原本
5. パスポートコピー(顔写真、ビザ、入出国カード、入国スタンプがあるページ):各1枚 ※余白に署名

リエントリーパーミットの必要書類代理申請不可

1. APPLICATION FOR RE-ENTRY PERMIT INTO THE KINGDOM (TM.8) :1枚
2. Foreign National information Form:1枚
3. 顔写真:2枚 ※1の裏面と2の表面に貼り付け
4. パスポート原本
5. パスポートコピー(顔写真、ビザ、入出国カード、入国スタンプがあるページ):各1枚 ※余白に署名
6. 申請料1,000バーツ(シングル)/3,800バーツ(マルチプル)
posted by k | ビザ関連