楽天スーパーポイントからANAマイルへの移行が大改悪!!海外からの交換は不可に

2016年12月12日
楽天からANA

数年前、ふと(特典航空券目当てに)ANAマイルを貯めようと思い立ち、楽天スーパーポイント(2ポイント→1マイルに交換可能)を中心に、地道にコツコツ貯めてきた。

ANAマイルには有効期限(36カ月)があるため、実質無期限の楽天スーパーポイントをじっくり貯めてから一気に交換する、というのが陸マイラーの常識…だった。少し前までは。

ところが、こちらのブログでたまたま知ったのだけど、知らぬ間に一気に移行することができなくなっており、『交換可能なポイント数の上限20,000ポイント/月、 1,000ポイント/回』『1日1回のみ』(※厳密には24時間経過しないと次の交換はできない)となっていた。がっくり。

現在私は80,000ポイント超保有しているので、これをすべてANAマイルに移行しようと思ったら、少なくとも80回以上の交換手続きと4カ月以上の日数がかかる計算になる。面倒くさいことこの上ない。

これだけならまだしも、(海外在住者にとっては)さらに追い打ちをかけるような改悪がなされていた。

なんと、楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換は日本国内からのみ交換可能となっているではないか。愕然。

Sponsored Links


ポイント交換制限

試しに今いるタイから交換申請してみたところ、上記のメッセージが出て本当に交換できない。

私は年中行ったり来たりだからまだいいようなものの、転勤や留学などで海外に長期滞在し、貯めた楽天スーパーポイントをそのままにしてきた人は、日本に帰るまでANAマイルへの交換は一切できないことになる。

しかも日本に一時帰国したとしても、先述の改悪も重なり交換には(たくさん貯めている人は)膨大な手間と時間がかかるのである。

まあ海外在住者でANAマイル目当てに楽天スーパーポイントを貯めている人も少ないとは思うが、わざわざこんな制限を設ける意図がわからない(海外からの不正アクセス対策だとしたら、もっと根本的なセキュリティを高めるべきだろう)。

「社内公用語英語化」までしているグローバル企業(?)のわりに、顧客対応はちっともグローバルでない。

それにしても、ノートンセキュリティ然り、最近は海外在住者の冷遇(切り捨て?)が目立つように感じる。
posted by k | 飛行機・マイル