水牛のいる田園風景

2016年12月24日
田園と水牛

以前、チェンマイ訪問予定の読者様から「田園風景と水牛が見たい」との問い合わせをいただいたことがある。

こちらの記事の写真を見られたようなのだが(写っているのは水牛ではない普通の牛)、うちの近所で水牛を見かけることはまずないし、確実に見られる場所も知らないので、残念ながらその時はご案内ができなかった。

しかし先日、郊外をドライブしていたら偶然水牛の群れに遭遇。

Sponsored Links


水牛と鳥

場所はサンカンペーン温泉の裏側あたり。標識も何もない狭い田舎道。

7〜8頭のほどの放し飼いの成牛と、近くには仔牛が繋がれて飼われている場所もあった。

水牛はタイの動物としては特段珍しいものではないが、近年チェンマイではなかなかお目にかかれないのも事実で、稀に見かけることはあっても、見ようと思って見られるものでもない。

こちらのニュース記事によれば、『タイ農業協同組合省によると、2005年に162・5万頭だったタイ国内の水牛は2014年6月時点で84万頭に半減した。農業機械化の進行で減少に歯止めがかからない状況』とのことなので、全国的にも急速に減ってきているようである。

タイの水牛

ところでこの牛たち、一般的な"バッファロー"のイメージとは異なり、角が短くて小さい。本当に水牛なのだろうか。
※厳密には(「属」レベルでは)"牛"と"水牛"は別種。

こちらの見分け方が正しいなら、水牛で間違いないとは思うが…。
posted by k | 昆虫・動物