日本円からタイバーツへ両替するタイミングに悩む

2017年01月06日
thb.jpg

昨年11月9日を起点にわずか1ヶ月ちょっとの間に対ドルで17円以上、対バーツでも約10%もの円安になってしまった。

タイに持ち込んだ日本円現金を両替するタイミングをずっと見計らっているが、少しでも良いところで…と思っても待てば待つほどますます円安になり、完全にタイミングを逃してしまった。

これだけ急激に上げたのだからそろそろ大きめの調整が入ってもおかしくないだろう…と思っても浅い押ししかなくて、なかなか両替に踏み切れない。

スポンサーリンク



先日(必要に迫られて)1円=0.3062バーツの時に少しだけ替えたが、今日も1円=0.3072バーツで少し両替。

というのも、今朝ドル円が115円という節目に達して切り返していたから(ここからまた上昇が再開する可能性があるから)。

もっとも、今夜(タイ時間20時30分)発表の米国雇用統計の結果次第では、今後さらに(114円半ば〜112円前半あたりまで?)深押しする展開もあり得る。

とにかく、今後しばらくは「必要になった時に必要な分だけ」両替するしかなさそうである。このような異常な相場では、先が読めないので。


それにしても、今回の訪タイのほんの少し前までは1円=0.33バーツ前後を長いことウロウロしていたのでそのくらいの換算で見積もっていたのに…がっくり。

徐々にならともかく、こんな急に1割も目減りしてしまうのはさすがに(ある程度まとまった金額を持ってきているだけに)きつい。全品1割高(ガソリンは2割高)、みたいな感覚。
posted by k | 為替・両替
スポンサーリンク

Privacy Policy