2017年11月の改悪でUAマイレージプラスの時代は終了か

2017年07月10日
ua

UA(ユナイテッド航空)マイレージプラスではここ数年ひどい改悪が続いたのでそろそろ落ち着くかと思いきや、悪夢はまだ続いていた。

2017年11月1日以降の特典チャート(片道の必要マイル数)
※PDFファイル

私がこれまで(20年近く)頻繁に利用してきた日本-タイの特典航空券の必要マイル数は、2017年11月から

・エコノミークラス:22,500 → 20,000
ビジネスクラス:40,000 → 45,000
・ファーストクラス:60,000 → 65,000

となり、エコノミーのみ若干改善されるものの、お目当てのビジネスは5,000マイル(往復10,000マイル)もの改悪。

ほんの数年前まではビジネス30,000/ファースト40,000で乗れたことを思うと、隔世の感がある。たまたまANAマイルを貯め始めたこともあり、もうユナイテッド航空でマイルを貯めるのはやめようかと真剣に考え始めた。

Sponsored Links



改悪後もUAマイレージプラスには(ANAマイレージクラブと比較して)まだいくつかの優位性は残る。

UAマイレージプラスのメリット


・実質有効期限がない。
・燃油サーチャージがかからない。
・片道でも発券できる。
・日本国内線はお得(片道5,000/8,000マイル)。
・国際線もエコノミークラスなら必要マイル数はそれほど多くない。

なので、2017年11月以降は

・燃油サーチャージが高い時期
・日本国内線
・国際線エコノミークラス

に限定して使うようにすれば、コストパフォーマンスはそれほどわるくもないかもしれない。

ただ個人的には、国内線は元々ほとんど利用しないし、エコノミークラスには長時間乗りたくない。それにビジネスクラスこそがマイル利用の真髄だと思っている。
posted by k | 飛行機・マイル