唯一の?あっさり味のタイ料理『ラートナー・タレー』(海鮮あんかけ麺)

2017年07月18日
ラートナータレー

油ぎっとり塩分たっぷり激甘激辛のタイ料理にうんざりして「あっさりしたものが食べたいな」と思った時の、ほぼ唯一の選択肢がこの『ラートナー・タレー』(海鮮あんかけ麺)。

麺は名古屋の『きしめん』によく似た米粉の柔らかい極太平麺(タイラーメンの"センヤイ"と同じもの)。具材は菜の花のようなもの(パッカナー)、魚のすり身のようなもの、カニかまぼこ、イカ、エビなど。

タイ料理にしては珍しく薄味で油っぽさもなく、変な癖もなく、辛味もまったくない(※写真の唐辛子の酢漬けは後から自分で添加した)。うまい!と唸るほどうまくはないけれど、タイ料理が苦手な日本人でも抵抗なく食べられるであろう数少ないタイ料理のひとつ。とくに胃が疲れている時には最適。

しかし『ラートナー・タレー』は麺でありながらタイラーメン屋のメニューにはなく、タイ飯屋かフードコートに行かないと食べられない。私がたまに行くのは空港近くのロータスのフードコート。麺もあんも作り置きなので生ぬるい状態で提供され、具材のクオリティーも低いのでとくにおすすめではないが(他に美味しい店を知らない)。一皿50バーツ

スポンサーリンク



上げ底生ビール

こちらは同じフードコートで飲める"上げ底"生ビール。これは比較的マシな方だが、酷い時には半分近くが氷だったこともあり、ちょっとタチが悪い(と思いながらも毎回飲んでいる)。これでグラス一杯60バーツ。

もちろん、アルコール類の販売規制はフードコート内でも厳格に遵守されており、

11:00-14:00
17:00-24:00

の時間帯(かつ酒類販売禁止ではない日)しか生ビールは飲めない。
posted by k | 料理・果物
スポンサーリンク

Privacy Policy