片道航空券&ノービザでタイに入国してみた

2019年11月27日

日本での搭乗手続き時


今回訳あってノービザでタイへ渡航した。ビザ無しの場合は帰りの航空券(または第三国への出国チケット)が必要となり、日本側で搭乗手続き時に確認されることが多い。ビザなし&出国チケットなしだと最悪"搭乗拒否"もあり得る。

私は一応帰りの航空券は持っていたものの、出発が2ヶ月先のものだった。ノービザだと最大30日しか滞在許可がもらえないためこれでは辻褄が合わず、実質的にはチケットを持っていないのと同じ(と言われれも仕方がない)。ノービザでも入国後に手続きすればもう30日だけ延長できるのでそうするつもりだったのだが、そんなタイの国内事情を日本の係員に説明したところで通じるかはわからない。

なので、万一に備えて30日以内にタイを出国するチケットで最も安いと思われる(かつネットで予約・購入できる)ものを探して、別途用意しておいた。参考までに、私が実際に購入したのはノンカイ発ビエンチャン行きのバスチケットで、料金は350バーツ(※後日キャンセルすれば110バーツ戻ってくる)。

1. 帰りのチケットは?と聞かれたら→2ヶ月後に出国する航空券を提示
2. 滞在許可日数との矛盾を指摘されたら→入国後に30日延長すると説明
3. それでもだめなら→30日以内に出国するバスチケットを提示

という三段構えの万全の体制で搭乗手続きに臨んだわけだが、結果は実にあっけなく、一切何も聞かれなかった。期限切れの家族ビザを有効なビザと勘違いしたのか、あるいはノーチェックだったのか。。

スポンサーリンク


タイでの入国審査時


ビザ無し&出国チケット無しだと最悪"入国拒否"もあり得るが、こちらもあっけなく、「ノービザ?」と聞かれた(→「はい、ノービザです。30日滞在します」と答えた)だけだった。もともとタイの入管よりは日本のチェックインカウンターの方がチェックは厳しいので、搭乗さえできてしまえば9割方大丈夫だろうとは思っていた。万一に備えて山ほどの言い訳は用意してあったが。

ところで、今回初めてスワンナプーム国際空港で入国審査時に両手指全部の指紋をスキャンされた。何も悪いことはしてないので困ることはないが、決して気分の良いものではない。その代わりに?イミグレーションを通過してすぐのところにあった荷物検査がなくなっていたのでこれは便利になった・・と思っていたら、荷物検査は国内線の出発ゲート手前に移動していただけだった。ラウンジで荷物を綺麗にまとめてジャケットを着た後にまた検査されるので、逆に以前よりも不便になった。



posted by k | ビザ関連
スポンサーリンク

Privacy Policy