まずくてもおいしい日本食レストラン『OISHI JAPANESE BUFFET』

2015年01月15日
OISHI JAPANESE BUFFET

先日のこどもの日(1月第二土曜日)のこと。食べ盛りの子どもの強い要望により、ロビンソン(エアポートプラザ)4階にある『OISHI JAPANESE BUFFET』を初めて訪れた。その名の通り日本食が食べ放題で、料金は税込み539バーツ/人(高っ!)。制限時間は1時間45分。

ソフトドリンクはブッフェに含まれているが、アルコール類はもちろん別料金。ビール(FEDERBRAU)大瓶が税込み109バーツだった。会計はタイのレストランにしては珍しく前払い。過去に食い逃げ客でもいたのかもしれない。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

日本の素麺(そうめん)に似たタイのラーメン "カノムチン"

2014年09月11日
押出米粉麺カノムチン

カノムチンは見た目は日本の素麺(そうめん)のようにも見えるが、厳密に言えば、

主な原料:米粉、水
製法:混ぜ合わせた原料をトコロテン方式で熱湯の中に押し出す
状態:作り置きの生麺を常温にて提供 ※乾麺は存在しない
太さ:茹でた状態の冷麦(ひやむぎ)に近い
食感:ぷにぷにしていてコシがない

…と、どれをとっても素麺とは異なる、似て非なるもの。まったくの別物である。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

ティファールの"こびりつかないフライパン"はわずか7カ月の寿命

2014年08月04日
ティファールのフライパン

昨年末頃、チェンマイ市内の某デパートにてティファールのフライパンセットを購入した。セール価格で2,500バーツ前後(定価は倍くらい)だったと記憶している。決して安い買い物ではない。

ティファールの扇風機は失敗だったけれど、日本でも大人気のフライパンなら大丈夫だろう、との思いがあった。「MADE IN FRANCE」だったのも大きな安心材料(のような気がした)。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

巨大マンゴー"アートゥー"

2014年07月06日
巨大マンゴー

珍しいマンゴーをいただいた。長さ約14-16cm、胴まわり約37-39cm。重さは1.1-1.3kgくらいだろうか。

アップルマンゴー

アートゥーは並外れて大きなサイズと真ん丸に近い形状、熟すとほんのり赤くなる外皮が特徴。いわゆるアップルマンゴー(アーウィン種)の系統ではないかと思われる。赤い皮とオレンジがかった黄色い果肉の対比はとても美味しそうに見えるが、残念ながらオクロンナムドクマイほどの糖度や奥深い風味はなく、食感もやや硬め。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

海のないチェンマイで殻付き生牡蠣を堪能

2014年06月22日
makroの牡蠣

『makro』(コストコに似た倉庫型卸売小売チェーン)にて美味そうな生牡蠣を発見。しかし該当する値札がなく、値段も産地も不明。近くにいた店員に聞くと(大きさ重さに関係なく)1個32バーツ(約100円)だと言う。かなり安い。しかも超デカイ。リンピンだとこれとは比べ物にならないほど小粒なもの(フランス産)が1個55バーツする。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

ナムドクマイより美味しい極上マンゴー"オクロン"

2014年06月15日
一番美味しいタイ産マンゴー

雨季の始まりはマンゴーの最盛期。

タイ産マンゴーと言えば、『ナムドクマイ』が最高級かつ最も美味しいとされている品種だが、地元タイ人に言わせれば、一番美味しいのは『オクロン』なのだとか。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

珍しい果物 "鬼灯"(ほおずき)の実

2014年01月02日
タイの食用ほおずき

知人からのいただきもので、ドイ・インタノン(タイで一番高い山:標高2,565m)のお土産。探せばチェンマイでも売っている(あるいは生っている?)かもしれないが、私がタイでほおずきを見たのはこれが初めて。しかも、果物としての食べるほおずきである。

しかしこんなもの本当に食べられるのか?と少し心配になりネットで調べてみたところ、日本にも"食用ほおずき"なるものがあることを知り、安心して食べることにした。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

チェンマイで一番美味しい野菜 - ロイヤルプロジェクトの農場見学

2013年12月10日
チェンマイで売られている野菜は総じて不味い。とくに安売りスーパー(BigC等)の野菜は高確率で不味いので、極力買わないようにしている。なんとなく薬品臭くて"苦い"ものが多いのである。ゴーヤが苦いのは当然だとしても、レタスやきゅうりが苦いのはいただけない。

15年くらい前は見た目が貧弱で小さな野菜が多かったけれど、味はそこまで酷くなかったように記憶している。今は見た目(だけ)は立派でも食べてみると実に不味い。高級スーパー(リンピン)で日本と同じくらいの値段を出しても美味しくないものが多い。

そんな中、唯一美味しいと思えるのが「ロイヤル・プロジェクト」(Royal Project)の野菜である。「ロイヤル・プロジェクト」とは、その名の通りタイ王室が支援・推進しているプロジェクトで、品質の良さには定評がある。しかし買える場所が限られ、私の生活圏内にはエアポートプラザの地下とリンピンスーパーマーケットくらいしかない。

【追記】
BigCにも売っていた。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

タイ産プリマハム『香薫』シリーズ新発売 - ソーセージ、ハム、ベーコンなど

2013年12月08日
プリマハムの香薫シリーズ

昨日、リンピンスーパマーケットに買い物に行ったらハム・ソーセージ売り場で『香薫』(こうくん)という文字が目に留まった。こんなのいつからあったのだろう…と思いつつ手に取って見ていると、「今日来ました」と横からタイ人の店員さん(プリマハムの人?エスパー?)に日本語で声を掛けられた。偶然にも、本日発売の新製品だという。

『香薫』シリーズには"荒挽きソーセージ" "絹挽きソーセージ" "ボンレスハム" "ロースハム" "ベーコン" "スモークチキン"があり、いずれもタイのプラチンブリ県産。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

TVチャンピオン!?ちゃぶ屋とんこつらぁ麺@Central Festival(セントラル・フェスティバル)

2013年12月04日
CentralFestival

チェンマイ大学からの帰路、先月オープンしたばかりだという新しいショッピングモール(デパート)『Central Festival』(セントラルフェスティバル)に寄ってみた。

ほんの半年前まではチェンマイでデパートと言えばカドスワンケオの『セントラル』とエアポートプラザの『ロビンソン』しかなかったのに、今年6月には三番目のショッピングモール『プロムナーダ』がオープンし、11月には四番目(デパートとしては三番目?)の『セントラルフェスティバル』がオープンしたのである。
※五番目の『マヤ』も近々オープン予定。

セントラルフェスティバルの全体構造はエアポートプラザに似ているが、エスカレーターの配置が考えられており、上下移動がしやすくなっている。駐車場も相当たくさんあるようで(広すぎて全貌は把握できず)、何より感心したのは車椅子用の駐車スペースがきちんと設けられていたこと。当然ながら館内には車椅子用トイレもある。素晴らしい。タイも変化しつつあるのだ。

続きを読む
posted by k | 料理・果物