Sponsored Links

パタヤからタクシー+LCC(エア・アジア)でチェンマイへ

2012年03月29日
エア・アジアの機材

パタヤ滞在最終日、列車では時間がかかりすぎるということで、格安航空会社(LCC)のエアアジアを初体験。結論から言うと、この選択は大失敗。お金はないけど時間はあるというバックパッカー的な一人旅ならLCCも利用価値はあるかもしれないが、家族旅行には向かない。大して安くないうえに手間ばかりかかって融通もきかないので、もう二度と乗りたくない。LCCでない航空会社の正規割引航空券の方がまし。

(電話予約だと高かったので)ウェブサイトから予約したところ、苦手な英語で3人分の個人データを入力して決済完了するまでに小1時間もかかってしまった。(事前座席指定は有料だったので)当日空港の端末で自動チェックインしたところ、ガラガラなのに1人だけ座席を遠く離されてしまった。さらにその後空港のセキュリティーチェックに引っかかり預け荷物にせざるをえなくなったためチェックインカウンターまで逆戻りし、遅々として進まない行列に並ぶはめに。しかも預け荷物は有料で、490バーツ/個(9kg弱の場合)。結局3人合計+荷物で6,200バーツもかかったことになり、フルサービスのタイ国際航空とそう変わらない結果に。

【追記】
エア・アジアは激安のプロモーションを頻繁にやっているので、その日程に合わせることができ、セール価格で予約できるのであれば随分お得。今回のように成り行きで乗るような場合は決してお得ではない。

参考までに、チェンマイに就航しているタイ国内線航空各社のバンコク発着空港は以下の通り。
続きを読む
posted by k | パタヤ・ラン島

ラン島、パタヤパークタワーへ

2012年03月28日
ラン島行きのスピードボート

パタヤ滞在2日目、ジョムティエンビーチから北へ向かうソンテウ(10バーツ/人)に乗り、適当に降りたところから海岸に出ると、ラン島行きのボート乗り場があった。客引きに誘われるがままに小型ボート(一日貸切2,000バーツ)をチャーターし、成り行きでラン島まで行くことに。

ラン島のビーチ

ボートで20分ほどのところにあるラン島は期待通りの白い砂浜に青い海。思った以上に観光客が大勢いてボートのエンジン音がうるさいことを除けば、そこそこ満足のいくビーチだった。遠浅で波も少なく泳ぎやすい。ちなみにビーチチェアは1つ100バーツ、ビールは小瓶1本50バーツ。

続きを読む
posted by k | パタヤ・ラン島

チェンマイから鉄道+タクシーでパタヤへ家族旅行

2012年03月27日
ジョムティエンビーチの夕暮れ

再びチェンマイにやって来た。着いてすぐに結婚ビザ(ノンイミグラントビザO)申請のためバンコクの外務省領事部に出向く必要に迫られ、子供の学校が長期休暇中だったこともあり家族旅行を兼ねてパタヤまで足を伸ばすことにした。

チェンマイからドンムアンまでは鉄道を利用。およそ10年ぶりの2等エアコン寝台車だ。以前ネットで「タイ国鉄で日本の寝台特急(ブルートレイン)の中古車輌が使われている」という情報を見かけたのだが、おそらくごく一部の便だけなのだろう、私たちが乗ったのは10年前とまったく変わらぬ車輌。驚くほど何も変わっていなかった。旧態依然とした車輌に揺られながらドンムアン駅に到着したのは到着予定時刻から1時間以上も過ぎた頃で、遅れ具合まで変わっていない。

ドンムアン駅から外務省まではメータータクシーを利用(※結婚ビザ取得の詳細)。ビザを申請したその足でメータータクシーをチャーターし、パタヤへ。料金は交渉で1,200バーツ+高速代30バーツ×2。バンコクからパタヤまでは車で2時間くらいと聞いていたが、実際にはドンムアン(正確にはラクシー)からパタヤのジョムティエンビーチまで丸3時間かかった。

続きを読む
posted by k | パタヤ・ラン島