セントレアのグローバルラウンジとTG645(A350-900)/TG116ビジネスクラス搭乗記

2019年03月03日
グローバルラウンジの入口

昨年(2018年5月)からプライオリティパスでも利用可能になった『グローバルラウンジ』に入ってみた。
※タイ国際航空のビジネスクラスでは利用不可なので、楽天プレミアムカード等に付いてくる"プライオリティパス"が必須。

セントレアのグローバルラウンジ


グローバルラウンジの座席

同じくプライオリティパスで利用できる(グローバルラウンジの真向かいにある)KALラウンジに比べると、全体的には広いようだが間仕切りがあるため見通しが悪く、KALラウンジ同様窓もまったくないため薄暗い。ただKALラウンジほどの閉塞感は感じない。シックで落ち着いた雰囲気。

ドリンクと軽食

時間がなかったので生ビール(一番搾り/一番搾り黒)をなめた程度だが、ワインも見かけた。軽食はあられ・ナッツ・クラッカーの他、おにぎり・サンドイッチがあるようだ(未確認)。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

2019年2月3日よりタイの空港が全面禁煙に - 違反者は罰金5000バーツ

2019年02月05日
禁煙先進国のタイでは何十年も前から屋内での禁煙が徹底されており、たばこ臭い飲食店や施設に遭遇したことは一度もない。分煙などではなく、昔から店(施設)内全面禁煙が当たり前だった。唯一?喫煙室が存在した空港施設内でも、遂に吸えなくなったのである。

以下、在タイ日本国大使館からのメールを転載しておく。

(転載ここから)

●2月3日から,タイ国内の6箇所の空港では全面禁煙となっています。違反した場合は罰金支払いが求められますので,ご注意ください。
●タイでは,たばこに関して制限や罰則がありますので,併せてご注意ください。

報道等によれば,タイ国内にある6箇所の空港(バンコク(スワンナプーム,ドンムアン),プーケット,チェンマイ,ハジャイ,チェンライ(メーファールアン))では,2月3日から全面禁煙となっています。これに伴い,各空港における喫煙所は閉鎖され,空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

なお,本件に限らず,タイではたばこに関して制限や罰則があります。違反した場合は罰金が科されます。支払いを拒否した場合は身柄を拘束される可能性もあります。

(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで
(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙
(4)たばこのポイ捨ては禁止

在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,上記次第を踏まえて十分ご注意の上,安全で楽しい滞在,休暇をお過ごしください。

(転載ここまで)

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

年会費永年無料のエポスゴールドカードを取得 - インビテーションが届くまでの利用期間と利用金額

2018年11月24日
エポスゴールドカードのインビテーション

(タイ滞在時にも使える)海外旅行保険の保障額アップのために作ったエポスカードは、年会費永年無料ながら

・傷害治療費用:200万円
・疾病治療費用:270万円

と非常に手厚いが、エポスゴールドカードならさらに

・傷害治療費用:300万円
・疾病治療費用:300万円

とプラチナ級に。しかも年会費は通常5,000円のところインビテーションからの発行なら永年無料、ポイントの有効期限は無期限に。ポイントのマイル還元率も格段に良くなり、使い方次第ではANAワイドゴールドに勝るとも劣らぬ高還元率となる。

参考までに、年会費1万円超のANAワイドゴールド(三井住友ゴールドカード)の保障額は、

・傷害治療費用:150万円
・疾病治療費用:150万円

である。エポスカードがいかに優れているかがわかると思う。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

楽天で購入した商品が届かない…でも安心!『楽天あんしんショッピングサービス』という補償制度がある

2018年09月20日
ネット通販歴15年、これまで何百回とネットで商品を購入してきたが、先日初めて商品が届かないというトラブルに遭遇した。利用した楽天ショップの配送方法は、日本郵便の『ゆうパケット』。

※『ゆうパケット』の特徴
・ポスト投函
・追跡サービスあり
・損害賠償なし

郵便追跡サービスにて(ショップからの発送通知メールに記載されていた)「お荷物番号」を入力して配達状況を確認すると、なんと、受け取ってもいないのに8日前に「お届け先にお届け済み」となっていた。考えられる可能性は、郵便配達員による誤配くらいしかない。ちなみにゆうパケットは(ゆうパック配達員ではなく)通常郵便物の配達員がポスト投函している。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

壊れた(凹んだ)プロテカのスーツケースをタイで修理したらこうなった

2018年06月13日
修理前のスーツケース

タイに到着した日、航空会社に預けた荷物をチェンマイ空港のバゲージクレームで受け取ると、スーツケースの角が激しく損傷していた。9ヶ月前に前のプロテカが壊れて買い替えたばかりで、まだ3回(1往復半)しか使ってないのに。

Baggage Service

到着ロビー中央付近にあるタイ国際航空の『Baggage Service』へ持っていき事情を説明すると、クレームタグと引き換えに"Property Irregularity Report (PIR)"(手荷物事故報告書)という書類を渡された。

その場にスーツケースを置いていくよう言われたが、パンパンに詰まった中身を移し替える容れ物がないので、どう考えても無理。後日、中身を空にしてから持ってくることにした。念のため期限を確認すると、いつでもいいけどなるべく早めに、できれば明日か明後日までに、とのこと。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

名古屋から羽田/バンコク経由でチェンマイへ - NH86/NH847/TG116ビジネスクラス搭乗記

2018年06月11日
サービス低下が著しいタイ国際航空(ビジネスクラス)に嫌気が差したので、今回はANAのビジネスクラスに乗るためにわざわざ羽田経由の便を選んだ。


NH86の座席


セントレア発羽田行きNH86便の機材はB737-800。7時55分発の早朝便ながら満席。週末だというのに、早起きの人がこれほど多いとは。

NH86の翼

超久々に翼の上の席(失敗した!?と一瞬思ったけど自分で選んだことを思い出した)。エコノミークラスなので。機内サービスは冷たい飲み物のみ。

羽田空港のシャトルバス

羽田到着後は国内線ターミナルから国際線ターミナルまでシャトルバスにて移動。所要20分と結構かかる。今回は乗り継ぎ時間が2時間5分あったので問題はなかったが、セントレア(徒歩数分)の感覚でいると乗り遅れる恐れもある。

羽田のANAラウンジ

セキュリティチェックと入国審査を抜けてANAラウンジへ。

生ビール

カレーの香りが漂っていて心揺れたが、機内食を堪能するためここはぐっと我慢。生ビールを一杯だけいただいた。

ラウンジ内

ラウンジ内はセントレアのスターアライアンスラウンジKALラウンジとは比較にならないほど広い。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

ANA国内線エコノミーからANA国際線ビジネスへ乗り継ぎの場合、無料で預けられる荷物の重さと個数は?

2018年06月01日
今回のタイ行きチケットはUAの特典航空券で

1. 名古屋→羽田(ANAエコノミークラス)
2. 羽田→バンコク(ANAビジネスクラス)
3. バンコク→チェンマイ(TGビジネスクラス)

の3区間を通しで(1つの旅程として)取ってあり、最初の1区間だけがエコノミークラス。

ANA国際線ビジネスクラスの規定では32kg×2個まで、TG国内線ビジネスクラスの規定では40kgまで(1個あたり32kgまで 個数制限なし)無料で預けられるが、最初に乗るANA国内線エコノミークラス(普通席)の規定だと20kgまで(個数制限なし)。そして今回の私の預け荷物は約26kg(1個)。

さてこの場合、最初の国内線チェックイン時に超過料金を取られるのだろうか?

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

名古屋-バンコク(エコノミークラス)片道分のJALマイルがようやく貯まった

2018年03月12日
JAL

JALマイルを貯めようと思い立ってから5ヶ月もかかって、ようやく目標マイル数(名古屋-バンコクYクラス片道分:17500マイル)に到達した。クレジットカードの入会キャンペーンを利用するなどして極力出費を伴わない方法で貯めたが、JALマイルの貯めにくさを改めて実感。

元々JALが加盟しているワンワールド系には乗らないし、イオンやローソンで買い物もしないし、WAONやPontaも使わない(貯めていない)ので、よほど意識しないと貯まらない。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

ANAマスターワイドゴールド(三井住友カード)を取得 - 申請からカード到着までの日数

2018年02月23日
ANAマスターゴールド

貯めるマイルをユナイテッド航空(マイレージプラス)から全日空(ANAマイレージクラブ)へと乗り換え、それに伴いメインの決済用クレジットカードも『MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa』から『ANA マスターワイドゴールドカード』へと切り替えた。

昨年の秋頃から大型の入会キャンペーンが始まるのを今か今かと待っていたのだが何もなく、結局(MUFGカードの更新時期が迫り)待ちきれなくなって申し込んでしまった。
※一応、入会後にエントリーして6ヶ月でリボ払い10〜100万円利用すれば5,000〜15,000マイル相当のポイントが貰えるというしょぼいキャンペーンはやっている(2018年4月30日まで)。
※ANAカードを1枚も持っていない人向けの紹介キャンペーンもやっている。


ANA マスターワイドゴールドカードを選んだ理由


ANA マスターワイドゴールドカードのマイル還元率は「1.72%」と紹介されていることが多いが、これはマイペイすリボに登録した上で(毎月金利を発生させて)年間300万円以上利用し、さらにボーナスマイルをソラチカルートで移行した場合の話。そもそも年間300万円も使うわけがないし、ソラチカルートも2018年3月末で閉鎖されてしまう。

2018年4月以降のマイル還元率は、マイペイすリボに登録した上で(毎月金利を発生させて)年間100万円以上利用した場合「1.39%」となる(ボーナスマイルを面倒なLINEルートで移行すれば「1.5265%」)。MileagePlusセゾンカード+マイルアップの1.5%やMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージの2〜3%に比べると微妙な感じではあるものの、現状これに優るANAカードが存在しないので仕方ない。

年会費は初年度税込11,340円(マイペイすリボ登録)と、これもMileagePlusセゾンカードの税込1,620+5,400円(マイルアップ)やMileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージの税込13,200円(楽Pay登録)に比べると微妙だが、翌年度以降は税込10,260円(マイペイすリボ+WEB明細登録)となり、さらに継続ボーナスマイルが毎年2,000マイル貰えるのでかなりお得。

国際ブランドをあえてMasterCardにしたのは、海外利用時の換算レートを検証した結果、VISAよりも有利であることが明らかだから。VISAしか選べない場合は別として、選べる場合はMasterCardに限る(海外利用が多いなら)。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

タイ国内線でA350-900に遭遇 - TG121/TG644ビジネスクラス搭乗記

2018年02月10日
チェンマイ空港のラウンジ

今回も最短乗り継ぎのTG121/TG644でチェンマイから名古屋へ。チェンマイ空港のTGラウンジで一杯飲もうと思ったら、チャーンビールしかなかった。以前はシンハもハイネケンもあったのに。

A350-900

チェンマイ発バンコク行きTG121便の機材は、昨年からちょくちょく遭遇しているボーイング777-300ER…かと思いきや、なんとなく雰囲気が違うような気がしてシートポケットを確認してみると、なんと(タイ国際航空では現在7機しか保有していない)最新鋭機のエアバスA350-900ではないか。

A350の座席1

A350の座席2

A350-900のビジネスクラスは777-300ERと同じ"スタッガードシート"なのでぱっと見同じに見えるが、少し暗くした際のLED照明が美しい(ということくらいしか違いがわからなかった)。

この機材はごく最近(2018年1月16日から)日本路線に投入されたばかりで、運航スケジュール的に成田〜バンコクの機材がそのままチェンマイまで来て折り返しているのではないかと思われる。

TG121の機内食

TG121便の機内食はエビ入りレッドカレーとチェリーのムース。味はともかく御飯の量に対してカレーのルーがあまりにも少なすぎ、アンバランス。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル