Sponsored Links

セントレアのスターアライアンスラウンジとTG645/TG116ビジネスクラス搭乗記

2017年06月05日
スターアライアンスラウンジ

前回(TG645/TG116ビジネスクラス搭乗記)とまったく同じフライトで面白味がないので、今回は普段利用しないセントレアのラウンジに潜入してみた。

セントレアの国際線制限エリア(出国審査後)にはエアラインラウンジが4つあるが、タイ国際航空のビジネスクラスで利用できるのはスターアライアンスラウンジのみ。

このラウンジはスターアライアンス各社の共用ラウンジであるだけでなく、楽天プレミアムカード等に無料で付いてくる『プライオリティパス』でも入場できるため、出発便が集中する午前10時前後にはかなり混雑する。

軽食やドリンク

飲食物は地方空港にしては充実している方で、朝からカレーライスの香しい匂いが漂っている。食べていないので美味しいのかどうかは知らないが。

生ビール

ビールサーバーの生ビールはプレミアムモルツのみ。

ラウンジからの眺め

このラウンジは眺望が素晴らしく、これから搭乗するタイ国際航空の機体も良く見える。

続きを読む
posted by k | 飛行機

名古屋発シンガポール経由チェンマイ行きの同日乗り継ぎが不可に

2017年05月10日
次回のタイ行きは久々にシンガポール航空にしようと思ったら、いつの間にか同日中にチェンマイに着くことができなくなっていた。がっかり。

4年半前に乗った名古屋→シンガポール(SQ671)シンガポール→バンコク(SQ978)/バンコク→チェンマイ(TG122)のうち、最後のタイ国内線フライトがなくなっていたことが原因。

かつてタイ国際航空(TG)だった便の多くが 「タイスマイル」という似て非なる別会社の運航に置き換えられてしまい、他社マイレージ(ユナイテッド航空、ANA等のスターアライアンス系)の特典航空券では利用できなくなってしまったのである。

シンガポールから最短乗り継ぎのSQ982便を利用したとしてもバンコク到着が19:00なのに対し、現在のタイ国際航空のバンコク発チェンマイ行き最終便は18:40。物理的に間に合わない。

続きを読む
posted by k | 飛行機

楽天ブラックカードを年会費無料で取得

2017年03月12日
インビテーション

話は数ヶ月前に遡るが、楽天株式会社から封書が届いた。

「Special Information 特別なご案内」「選ばれた方だけが手にすることのできる最上のカード」(と書かれた)『楽天ブラックカード』のインビテーションである。

※「Invitation」(招待状)とはどこにも書かれていなかったが、結果として簡単に発行されたので、事実上インビテーションだったと思っている。

通常こうした最上位カードは、下位カードで利用実績(クレヒス)を積んだ人が招待されるものなので、楽天の一般カードすら持っていなかった私としては寝耳に水。

年会費5年間無料

しかも驚くべきことに、年会費32,400円(税込み)が5年間無料。おまけに入会特典としてもれなく15,000ポイントまでもらえてしまうという、ちょっとあり得ないほどの厚遇。ANAマイルを貯めるために楽天スーパーポイントを貯めている最中でもあるし、この誘いに乗らない理由はない。

続きを読む
posted by k | 飛行機

タイ国際航空でチェンマイから名古屋へ - TG121/TG644ビジネスクラス搭乗記

2017年03月03日
チェンマイのラウンジ

チェンマイ空港内のイミグレにて再入国許可を取得した後、出国審査を通過してTGラウンジへ。この日はわりに混んでいた。

TG121の座席

チェンマイ発バンコク行きTG121便の機材は、この路線では初体験のボーイング777-300ER。ビジネスクラスの座席は互い違いになっており、どの席からでも隣を気にせず通路に出られる"スタッガードシート配列"。

最前列

最前列の11B(※11Aは存在しない)は通路に面し、窓が少し遠くなっている。この配列なら最前列にこだわる必要もなかった。

正面

座席正面には大型モニターと足を入れるスペースがあり、背もたれを倒せばフルフラットのベッドとなる。しかしわずか1時間20分の国内線フライトでは完全にオーバースペック。なぜバンコク-名古屋線の夜行便にこのシートを導入してくれないのだろうか。

TG121の機内食

機内食は熱々のチキン?の甘酢あんかけ。意外に美味しいのだけど、味が濃すぎる。ヨーグルトムースのようなデザートはなかなか美味。

続きを読む
posted by k | 飛行機

楽天スーパーポイントからANAマイルへの移行が大改悪!!海外からの交換は不可に

2016年12月12日
楽天からANA

数年前、ふと(特典航空券目当てに)ANAマイルを貯めようと思い立ち、楽天スーパーポイント(2ポイント→1マイルに交換可能)を中心に、地道にコツコツ貯めてきた。

ANAマイルには有効期限(36カ月)があるため、実質無期限の楽天スーパーポイントをじっくり貯めてから一気に交換する、というのが陸マイラーの常識…だった。少し前までは。

こちらのブログでたまたま知ったのだけど、知らぬ間に一気に移行することができなくなっており、『交換可能なポイント数の上限20,000ポイント/月、 1,000ポイント/回』『1日1回のみ』(※厳密には24時間経過しないと次の交換はできない)となっていた。がっくり。

現在私は80,000ポイント超保有しているので、これをすべてANAマイルに移行しようと思ったら、少なくとも80回以上の交換手続きと4カ月以上の日数がかかる計算になる。面倒くさいことこの上ない。

これだけならまだしも、(海外在住者にとっては)さらに追い打ちをかけるような改悪がなされていた。

なんと、楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換は日本国内からのみ交換可能となっているではないか。愕然。

続きを読む
posted by k | 飛行機

タイ国際航空で名古屋からチェンマイへ - TG645/TG116ビジネスクラス搭乗記

2016年11月30日
蘭の花

今回は二年ぶりにTG645のビジネスクラスを利用。名古屋発は選択肢が少ないので、乗り継ぎの良さを優先すると(消去法で)結局これになってしまう。

搭乗すると、珍しく蘭の花(デンファレ)が配られた。別に初めてのことではないけれど、貰える時と貰えない時があって、経験上貰えないことの方が多い。どういう基準で配っているのだろうか。

なんてことのない蘭の花一輪でも、あるとないとでは多少は気分が違ってくるので、決して無駄なサービスではないと思う。

続きを読む
posted by k | 飛行機

日本へ一時帰国(3) - 名古屋行きSQ672ビジネスクラスの機内食はブック・ザ・クックのロブスターテルミドール

2016年08月05日
シンガポールのシルバークリスラウンジ

次なる乗継地シンガポール・チャンギ空港では、シンガポール航空が世界に誇る『シルバークリスラウンジ』へ。世界一とも称されるこのラウンジは、さすがに本拠地だけあって(バンコクのそれとは違い)広大かつ豪華。

ラウンジのシャンパン

本当はラウンジ内を探索する予定だったのだけど、体調不良と睡魔にやられて撃沈。辛うじてシャンパンを一杯手にしたのみ。ビジネスクラスのラウンジにシャンパンがあるというだけでも、そのすごさが伝わるのではないだろうか。

続きを読む
posted by k | 飛行機

日本へ一時帰国(2) - スワンナプーム空港のシルバークリスラウンジとシンガポール行きSQ979ビジネスクラスの機内食

2016年08月02日
バンコクのシルバークリスラウンジ

最初の乗継地バンコク・スワンナプーム空港では、シンガポール航空の『シルバークリスラウンジ』に今回初めて入ってみた。広大で賑やかなタイ航空の『ロイヤルシルクラウンジ』とは異なり、ここはこじんまりとしていて比較的静か。

ラウンジの食べ物

ラウンジの飲み物

狭いながらも食べ物や飲み物は充実しており、過不足はない。相変わらず体調がすぐれない私は眺めているだけだったが…せっかくなので、よく冷えた白ワインを一杯だけいただいた。

続きを読む
posted by k | 飛行機

日本へ一時帰国(1) - バンコク行きTG111ビジネスクラスの機内食は熱々のパッタイクン

2016年07月30日
チェンマイ空港のラウンジ

ラウンジの食べもの

格安チケット探しの記事でも書いたように、今回の帰国は久々のSQビジネスクラス。しかし特典航空券ではシルクエア運航のチェンマイ-シンガポール直行便が取れないためバンコクとシンガポールを経由する旅程となり、チェンマイ-バンコク間はTGビジネスクラスを利用。

チェンマイ空港のTG国際線ラウンジにも久々に立ち寄ってみたけれど、とくに変化はなし。というか、体調不良で何もできず。

シンハビール

それでも最後の力を振り絞って(というほどのことでもないけど)シンハビールを少しだけいただく。ビジネスクラスでも国内線の機内ではアルコール類が一切出ないので、ここで補給しておかないとしばらくは(といっても2時間程度のことだけど)ありつけないのだ。

続きを読む
posted by k | 飛行機

チェンマイ発日本行き格安航空券はシンガポール航空(SQ)が最安値

2016年06月05日
SQ

昨年(半額でJALに乗った裏ワザ)同様、今年も帰国用の格安航空券を丹念に探してみた。

私の希望は下記の通り、(出発時期以外は)昨年と全く同じ。

・7月出発
・チェンマイ発名古屋行き片道航空券
・乗り継ぎはできれば1回のみ
・待ち時間はできれば3時間以内
・タイ国際航空とLCCはできれば避けたい
・予算は諸税込み5万円以内

続きを読む
posted by k | 飛行機