Sponsored Links

日本へ一時帰国(3) - 名古屋行きSQ672ビジネスクラスの機内食はブック・ザ・クックのロブスターテルミドール

2016年08月05日
シンガポールのシルバークリスラウンジ

次なる乗継地シンガポール・チャンギ空港では、シンガポール航空が世界に誇る『シルバークリスラウンジ』へ。世界一とも称されるこのラウンジは、さすがに本拠地だけあって(バンコクのそれとは違い)広大かつ豪華。

ラウンジのシャンパン

本当はラウンジ内を探索する予定だったのだけど、体調不良と睡魔にやられて撃沈。辛うじてシャンパンを一杯手にしたのみ。ビジネスクラスのラウンジにシャンパンがあるというだけでも、そのすごさが伝わるのではないだろうか。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

日本へ一時帰国(2) - スワンナプーム空港のシルバークリスラウンジとシンガポール行きSQ979ビジネスクラスの機内食

2016年08月02日
バンコクのシルバークリスラウンジ

最初の乗継地バンコク・スワンナプーム空港では、シンガポール航空の『シルバークリスラウンジ』に今回初めて入ってみた。広大で賑やかなタイ航空の『ロイヤルシルクラウンジ』とは異なり、ここはこじんまりとしていて比較的静か。

ラウンジの食べ物

ラウンジの飲み物

狭いながらも食べ物や飲み物は充実しており、過不足はない。相変わらず体調がすぐれない私は眺めているだけだったが…せっかくなので、よく冷えた白ワインを一杯だけいただいた。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

日本へ一時帰国(1) - バンコク行きTG111ビジネスクラスの機内食は熱々のパッタイクン

2016年07月30日
チェンマイ空港のラウンジ

ラウンジの食べもの

格安チケット探しの記事でも書いたように、今回の帰国は久々のSQビジネスクラス。しかし特典航空券ではシルクエア運航のチェンマイ-シンガポール直行便が取れないためバンコクとシンガポールを経由する旅程となり、チェンマイ-バンコク間はTGビジネスクラスを利用。

チェンマイ空港のTG国際線ラウンジにも久々に立ち寄ってみたけれど、とくに変化はなし。というか、体調不良で何もできず。

シンハビール

それでも最後の力を振り絞って(というほどのことでもないけど)シンハビールを少しだけいただく。ビジネスクラスでも国内線の機内ではアルコール類が一切出ないので、ここで補給しておかないとしばらくは(といっても2時間程度のことだけど)ありつけないのだ。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

チェンマイ発日本行き格安航空券はシンガポール航空(SQ)が最安値

2016年06月05日
SQ

昨年(半額でJALに乗った裏ワザ)同様、今年も帰国用の格安航空券を丹念に探してみた。

私の希望は下記の通り、(出発時期以外は)昨年と全く同じ。

・7月出発
・チェンマイ発名古屋行き片道航空券
・乗り継ぎはできれば1回のみ
・待ち時間はできれば3時間以内
・タイ国際航空とLCCはできれば避けたい
・予算は諸税込み5万円以内

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

タイ航空TG647深夜便(TGでら夜便)/TG102早朝便で名古屋からチェンマイへ

2016年03月30日
約二ヶ月前に最安値で購入した名古屋発チェンマイ行き片道航空券は、セントレアを0時30分に出発するタイ航空の深夜便。
※チェックインはチケットに記載されている出発日の前夜22時から。

TG公式サイトを見る限りでは空いているように思われたが、22時ちょうどにチェックインカウンターに行ったら長蛇の列でビックリ。ほぼ満席とのことで、チェックインを終えるのに30分以上を要した。TG647がNH5967(全日空)とのコードシェア便だったことは想定外。

TG647便エコノミークラス

機材はタイ航空では初体験のボーイング787-8。エコノミークラスは横9席(3-3-3)という超過密仕様。同じ機材のJAL(2-4-2)より横1席多く詰め込んでいるだけに、全体的に狭苦しくて圧迫感がある。

TG647便バルクヘッド

事前予約しておいた座席はエコノミークラスの前から二番目のバルクヘッド(壁の前の席)通路側「47F」。前に席がない分足元は広いものの、トイレが目の前とあって順番待ちの人や時々足を引っ掛けながら前を横切る輩までいて落ち着かない。それでも(空席が多いなら後方3席独占した方が良いか…とも考えていたが)満席に近い状況では足元の広い席にして正解だった。

しかし横幅の狭さとリクライニングの浅さはいかんともしがたく、ほとんど眠れず。

TG647便の軽食

離陸後しばらくして配られた軽食のチキンサンドイッチ。ラップで包んだだけというチープさがなんとも侘びしい。照り焼き風の味付けで食べられなくはないが、美味しくもない。

tg647_meal.jpg

こちらは到着前の朝食。チキンなんとかとスクランブルエッグ&ソーセージが選べたので後者にした。スクランブルエッグは味がない。ソーセージはまあまあ。他にロールパンとカットフルーツとブルガリアヨーグルト(ブルーベリー味)が付いていた。

特筆すべきは、ホットタオル(という名のペラペラの紙)が一度しか配られなかったこと。前回のJALでは布のおしぼりが3回も出てきたのに比べると、格段にサービスが劣ると言わざるをえない。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

名古屋からタイ(チェンマイ)へ一番安く行く方法 - 長期滞在用の格安航空券を徹底比較

2016年01月20日
結論から先に言ってしまうと、TG(タイ国際航空)の名古屋発バンコク経由チェンマイ行き片道航空券をTG公式サイトから諸税込み42,590円で購入した。出発は3月下旬、予約クラスは「Q」。

昨年酷い目にあって以来TGは敬遠していたけれど、名古屋発は東京や大阪に比べると選択肢が少なく、他に良いチケットがないから仕方がない。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

JALマイレージバンクのマイル事後登録と事務局の対応はとても遅い

2015年11月30日
JMBカード

9月下旬の日本帰国時に利用したフライト(バンコクエアウェイズとJALのコードシェア便)のマイルが、先日ようやく加算された。

JALの場合、「搭乗日より6ヵ月以内」であれば搭乗後の入会〜マイル事後登録も可能なので、JMB会員でなかった私は帰国後すぐに手続きを開始した。

JMBの入会手続きは滞りなく進んだものの、マイルの事後登録は何やかやで2ヶ月以上もかかったことになる。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

JL738(PG4175とのコードシェア便)でバンコクから名古屋へ

2015年10月10日
JL738便の前方座席

PG228便からJL738(PG4175)便へのバンコクでの乗り継ぎ時間は2時間ちょうど。やたらと歩かされるバンコク・スワンナプーム空港ではラウンジを探している余裕もなく(というよりアルコールのないラウンジに行っても仕方がないので)、そのままゲートへ直行。余裕たっぷりで着いたのに、15分遅れで搭乗開始。

JL738便のエコノミークラス

JL738便の機材は2-4-2配列のボーイング787-8(788)。今回この便を選んだのは、この機材に乗ってみたかったというのもある。他社発券の格安航空券だけに座席の融通がきかず最前列は取れなかったものの、隣が空席でなかなか快適だった。

ちなみに787は初体験。JALは二度目の体験。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

チェンマイ空港のバンコクエアウェイズ国際線ラウンジとPG228便の美人CAと機内食

2015年10月05日
チェンマイの国際線PGラウンジ

バンコク・エアウェイズはLCC(格安航空会社)だと思っている人もいるかもしれないが、この航空会社は自らを「BOUTIQUE AIRLINE」(ブティック・エアライン:小規模で上質な航空会社?)と称し、ある意味タイ国際航空などのFSCをも凌ぐ。

特筆すべきは、エコノミークラスの全乗客が専用ラウンジ(待合室)を利用できること。例えば、チェンマイから国際線旅客としてバンコク・エアウェイズに搭乗する場合、出国審査後の制限エリア(ゲート前)にそのラウンジがあり、出発直前までそこでくつろぐことができる。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル

半額でJALに乗る裏ワザ!! - チェンマイ発日本行き格安航空券を現地旅行会社にて購入

2015年09月15日
JAL THAILAND

普段私は某クレジットカードで貯めた某マイレージの特典航空券を利用しているのだが、これだとスターアライアンス加盟航空会社にしか乗れず、名古屋発着で乗り継ぎが良い便となるとタイ航空くらいしかない。しかし前回タイ航空(TG644)で帰国した際には酷い目に遭ったため、できればタイ航空は避けたかった。

そこで、今回久しぶりに帰国用の格安航空券をチェンマイで探してみた。といっても今はネットが主流なので、旅行会社めぐりをしたわけではない。おおよそのことはネットで調べ、確認のために航空会社のオフィスへ行ったのと、購入のために旅行会社の店頭へ一度出向いただけである。

続きを読む
posted by k | 飛行機・マイル