Sponsored Links

チェンマイ・イミグレーションでの家族ビザ延長(更新)は正常化へ

2017年06月09日
家族ビザ

昨年(2016年)10月頃、ランプーン/ランパーン/パヤオ各県に入国管理局が新設され、これまでチェンマイ入国管理局が担ってきた業務の多くが移転されたことにより、ここ数年の異常な混雑は無くなっていた。

昨年などは朝7時に着いても門前払いだったり、前日からテントを張って順番待ちする輩まで出没して、さすがのタイ人も限界を感じたのだろう。既に数年前から来訪者がキャパシティを大きく上回っていることは明らかだったので、遅すぎる対応ではあるが…。


念のため昨年と同じくらいの時間に出かけて順番待ちをしたところ、昨年より3時間半も早く手続きを終えることができた。

6時20分頃:イミグレ到着(家族ビザでは4番目)
8時30分頃:業務開始
10時20分頃:番号呼び出し
10時50分頃:申請完了
11時40分頃:写真撮影およびパスポート返却

という具合で、用意していった書類がほぼ完璧だったこともあり申請もわずか30分(過去最短)で済み、極めてスムーズ。

現在のボトルネックは申請後の処理だが、それでもこの調子なら(もしかしたら)午後からの申請でも間に合うかもしれない。

続きを読む
posted by k | ビザ情報

TM.30を再入国後24時間以内にアップデートして罰金を回避

2017年06月07日
2階のイミグレ

ある日突然(2016年11月から)、長期滞在外国人が再入国する度に24時間以内のアップデートを義務付けられるようになったTM.30(外国人を宿泊させた場合の届出)

2017年6月現在、この業務はプロムナーダ2nd Floor(Ground Floorにあるイミグレーションの2つ上の階)のイミグレーション・オフィスにて行われている。

続きを読む
posted by k | ビザ情報

再入国許可(リエントリー・パーミット)はチェンマイ空港でも取得可能だが…

2017年02月28日
チェンマイ空港のイミグレ

常時混雑しているプロムナーダ内のチェンマイ・イミグレーションを避け、今回始めてチェンマイ空港内のイミグレーションにて再入国許可を取得してみた。

場所はわかりにくく、国際線出発ロビー(2F)のセキュリティーチェックを抜けてすぐの左隅(出国審査よりも手前)にある。

飛行機に乗らなくても(事情を話せば)セキュリティーチェックを通ってイミグレまで行き、元の場所に戻って来ることも可能。

タイ出国の数日前に行って取得を試みたところ、出国当日かつ搭乗券を持っていないと手続きできないと言われた。仕方がないので必要書類だけ確認して、この日は帰ってきた。

続きを読む
posted by k | ビザ情報

91〜97日目に出国する場合、90日レポート提出は必要か?

2017年02月11日
チェンマイイミグレーション

今回のタイ滞在日数は92日間。この場合、90日レポートの提出は必要なのだろうか?

提出期限が「97日目まで」であることを考えれば提出しなくても大丈夫そうに思えるが、ネットで調べてもはっきりしたことはわからない。

勝手な解釈をして出国時に罰金をとられてもつまらないので、念のためプロムナーダのイミグレまで行って90日レポート担当者に確認したところ、予想に反して「必要」との回答。

受付

90日レポートのオンライン申請は停止中だし、ついでなのでその場で手続きすることに。

まずは屋外にある受付で番号札をもらわないといけない(※必要書類が揃っていないと受け付けてくれない)が、昨年から必要になったはずの「Foreign National information Form」という個人情報に関する書類は不要になっていた。あれは一体何だったのか…。

【90日レポートの必要書類】
・FORM FOR ALIEN TO NOTIFY OF STAYING LONGER THAN 90 DAYS (TM.47)
・パスポート原本
・パスポートコピー(顔写真/ビザ/入国スタンプ/出国カードがあるページ:各1枚)※余白に署名

続きを読む
posted by k | ビザ情報

陸路ビザラン(ノービザ入出国の繰り返しによる長期滞在)は年2回までに - 2016年12月31日より施行

2016年12月15日
在タイ日本国大使館より、以下のお知らせメールが届いた。

「チェンマイ総領事館管轄区域を除く」となっているのが妙ではあるが、チェンマイ在住者にとっても全く無関係な話ではないだろう。


=== 転載ここから ===

【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

タイ入国に際してのご注意(陸路入国回数の制限)

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

 タイ入国管理局は国境を接する国からの査証免除措置を利用しての入国を暦年で2回までとする旨の内務省令を12月1日付け官報に告示しました。同措置は12月31日より施行されますので、陸路でのタイ入国を予定されている方はご注意ください。

 上記の措置は、ビザ免除制度を使って出入国を繰り返し、実質上長期滞在を行う者を規制するために講じられたものです。これまでも当館より注意喚起を行っておりますが、短期観光以外の目的でタイへの入国を希望する場合、入国前に目的にあったビザを取得するようご留意ください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
電話: (66-2)207-8500、696-3000
FAX: (66-2)207-8511

=== 転載ここまで ===

続きを読む
posted by k | ビザ情報

タイのパスポート申請はIDカードと1,040バーツのみ

2016年12月09日
タイのパスポート

先日、訳あって家族(タイ人)のパスポートを作りに行ってきた。

申請場所はメーリム方面にあるChiangmai City Hall(チェンマイ市役所)内のPassport Office



続きを読む
posted by k | ビザ情報

【続報】旧チェンマイ・イミグレーションの移転とTM.30の半券 ※追記あり

2016年12月01日
旧チェンマイ・イミグレーションの移転とTM.30(外国人を宿泊させた場合の届出)の半券および罰金について、空港近くの旧イミグレに出向いて確認・手続きしてきた。

あくまでもイミグレ職員からの伝聞情報にすぎないが、ここのビザ業務は2016年12月6日(火)から新イミグレ(プロムナーダ内)に移転されるとのこと。

ただし、TM.30の手続きのみ、引き続き旧イミグレで行うらしい。場所は(11月末時点では)イミグレ敷地内の一番奥の小さな建物(3番)。
TM.30の窓口もプロムナーダに移転されたとのこと(※12月13日追記)。

続きを読む
posted by k | ビザ情報

旧チェンマイ・イミグレーションの移転とTM.30(外国人を宿泊させた場合の届出)の半券および罰金について

2016年11月11日
本日(2016年11月11日)、在チェンマイ日本国総領事館より以下のメールが届いた。

=== 転載ここから ===

在留邦人皆様へ

1 チェンマイ入国管理局では事務所工事に伴い、現在の査証申請窓口を今月一杯を目処に閉めプロムナーダへの移転計画があります。
  即ち、現在、移転先の工事の遅れにより移転日及び移転業務の内訳は不明ですが、チェンマイ入管では、現在のところ11月末頃に移転を予定しております。
  チェンマイ入国管理局から総領事館へ通報がないまま移転が行われることもありますので、ご注意下さい。

2 外国人を宿泊させた場合の届け出(TM.30、アパート、ハウスのオーナーが申請)が必要ですが、ビザ更新の際はパスポートにこの届け出が行われたことを裏付ける半券が貼付されておりませんと、申請が行えない上、罰金の対象となりますのでご注意下さい。
  オーナーから登録がなされている方で半券をお持ちでない方は、入国管理局届け出窓口で届け出データーが確認出来れば、窓口で半券が交付される取扱いとなっております。ビザの更新の際は、必ず半券を準備下さい。

以上

在チェンマイ総領事館

=== 転載ここまで ===

続きを読む
posted by k | ビザ情報

90日レポートだけでなくリエントリーパーミットやビザ延長でも必要書類が増加

2016年07月15日
Foreign National information Form

5月下旬に申請した家族ビザを受け取りに空港近くの旧イミグレーションへ行ったところ、色々なことが大きく変わっていた(変わりつつあった)ので、忘備録として書き留めておく。

続きを読む
posted by k | ビザ情報

90日レポート申請はオンライン(インターネット)でさくっと完了

2016年06月15日
90日レポートのオンライン申請

昨年(2015年4月)から90日レポートのオンライン申請が始まり、私も先日ようやく試してみることができた。前回は気付いた時にはオンラインでの申請期間を過ぎていたので。

もともとが巧妙な罰金徴収システムとも言える(そうとしか思えない)この制度。実際90日というのは長いような短いような微妙な期間で忘れやすく、オンラインでの申請期間(入国後76日目から83日目まで)はさらに半端な日数で覚えにくい。

※オフラインでの提出期間は入国後75日目〜97日目まで。

続きを読む
posted by k | ビザ情報