Sponsored Links

タイで一番美しい滝『メーヤの滝』(ドイインタノン国立公園内)

2015年01月05日
メーヤ滝の入り口

この寒い時期にあえてタイで一番寒い場所へ行ってみよう、とのことで、ドイ・インタノン国立公園を再訪。しかし前回と同じ行程では面白くないので、今回は『メーヤの滝』(MAEYA WATERFALL)をメインとした。

※「メイヤーの滝」「メーヤーの滝」と書かれている記事もあるが、『メーヤの滝』が日本語表記としては最も適切と思われる。

続きを読む
posted by k | 観光スポット

タイで一番高い山『ドイインタノン』国立公園とワチラターンの滝

2014年08月07日


事前に得ていた(タイ人からの)口コミ情報では、チェンマイ市街から『ドイインタノン』(DOI INTHANON)までは「約50km」。軽く調べたネット情報でも「車で1時間程度」とあったので、それを目安にしていたら大間違いだった。

確かにインタノン山の"麓"までは50kmないし1時間なのだが(麓まで行って帰る人はいないだろう…)、そこから目的の"頂上"まではさらに約50km(約1時間)の登山道。都合、片道約100km(約2時間)の行程だった。

続きを読む
posted by k | 観光スポット

ドイステープにそっくり!!チェンマイの穴場スポット『ワットドイカム』からの絶景

2014年07月26日
ドイステープからの眺望

チェンマイで眺めの良いお寺と言えば、誰もが真っ先に思い浮かべるのは『ワットドイステープ』(WAT PHRATHAT DOI STHAEP)だろう。誰もが一度は訪れる、チェンマイ随一の観光名所である。
※上の写真は2012年12月に撮影したドイステープからの眺望。

しかしながら、ドイステープ周辺は恒常的に車が溢れ、参道や境内も参拝客やら観光客やらでごった返している。いくら眺望が良いといっても、あの混雑ではそう何度も行きたいとは思えない。

続きを読む
posted by k | 観光スポット

大幅値上げされたサンカンペーン温泉の入場料 - タイ人料金と外国人料金

2014年01月17日
サンカンペーン温泉の間欠泉

久々にサンカンペーン温泉を訪れた。わりと近くにあるのに、なぜか年に1〜2回しか行かない。どうせなら先月の極寒期に行っておけば良かった…。

サンカンペーン温泉の入場料

サンカンペーン温泉入り口にある入場券売り場。入場料は

・タイ人料金:大人40バーツ/子供20バーツ
外国人料金:大人100バーツ/子供50バーツ

となっている。あれ!?と思って1年前の記事(サンカンペーン温泉の楽しみ方)を確認してみると、タイ人料金は2倍、外国人料金は2.5倍も値上げされているではないか。もともとが安かったとはいえ、いきなり2倍超はひどい。これだけ経済格差が縮まってきているのに未だに外国人料金を公然と徴収し続け、しかも逆行して料金差が2倍→2.5倍に拡大しているのは納得がいかない。

続きを読む
posted by k | 観光スポット

SANKAMPAENG HOT SPRINGS(サンカンペーン温泉)の楽しみ方

2012年12月17日
サンカンペーン温泉

サンカンペーンと言えば、セラドン焼きやタイシルク、銀製品等のお土産屋が点在していることで有名だが、これらのショッピングエリアからさらに車で30分ほど(チェンマイ市内からだと東に30数km、車で1時間弱)のところに地元でも有名なサンカンペーン温泉がある。

我が家からは比較的近いので行こうと思えばいつでも行ける。とはいえ、暑い時期にはまったく行きたいとは思わないし、もっとも涼しいこの時期でさえ昼間は十分暑くてあまり気乗りがせず、滅多に行くことはない。それに安いとはいえ、毎度入場料もかかる。

サンカンペーン温泉の入場料は

・タイ人料金:大人20バーツ/子供10バーツ
・外国人料金:大人40バーツ/子供20バーツ
【追記】
大幅値上げされてしまった。

というタイではよくある二重価格。チケット売り場にはタイ人料金の方だけご丁寧に数字まで(外国人には読めない)タイ文字で表記してあるところがなんともいやらしい・・といっても、私はタイ人料金しか払ったことがないけれど。

ちなみにこの入場料は敷地内に入れるというだけのもので、入浴するのに個室を利用したい場合はまた別料金。今回は個室は利用していないので最新情報は未確認だが、部屋タイプにより1時間数十〜200バーツ程度のはず。

せっかく温泉に来たのに入浴しないでどうするの?と思われるかもしれないが、ここに来て入浴するのは実は少数派。大半の人はこれが目当て。

続きを読む
posted by k | 観光スポット

『TIGER KINGDOM』(タイガーキングダム)でトラと記念撮影?

2012年06月30日
TIGER KINGDOM

チェンマイ中心部から北に車で20分ほどのところにある「MAERIM」(メーリム)には様々な観光アトラクションが“点在”している。遠い上に一箇所にまとまっていないため足がないと周りづらく、おまけに個々に入場料をとられて洒落にならない金額になったりもするが、チェンマイ通なら一度は訪れておきたい観光名所。

とはいえ、正直一度行けばいいかな…という感じで、10年前に行ったきりリピートはしていなかった。

しかし訳あって本日およそ10年ぶりに再び訪れてみたところ、10年前にはなかった『TIGER KINGDOM』なる看板が目についた。そういえば、トゥクトゥクの後部とかにも宣伝で貼ってあるのを最近よく見かける。こんなところにあったのか。

「トラの王国」とは一体どんなものかと覗いてみたところ、予想通りの高額な入場料に後退りしてしまった。わずか10-15分で1人あたり420-620バーツもするのだ。どうやらトラが直に触れて記念撮影できることが売りの観光施設らしい。

熟考した末、今回の入場は断念。なぜなら、赤ちゃんトラならまだしも大人のトラに万が一にでも襲われたりしたらたまったものではないから。海外では「安全をお金で買う」のが常識だというのに、これでは「危険をお金で買う」ことにもなりかねない。極めてばかげた行為だ。

ちなみに上の写真はズーム無しで撮影したものだが、入場しなくてもこのくらいの至近距離で5頭ほどは観察できるので、触る気がないなら入場しなくても十分。ただし子トラは遠くにいてよく見えない。

続きを読む
posted by k | 観光スポット