Sponsored Links

雨季のクード島(クッド島)旅行ガイド

2017年09月06日
クード島で一番きれいなビーチ

天候


私たちが旅行した雨季の1週間(7月末〜8月上旬)は、幸運にも「曇り時々晴れ」がほとんどで、雨が降ったのはわずか2回。それも明け方だけだった。

でも通常は(島の住民の話では)もう少し降るそうなので、ある程度の雨は覚悟しておいた方が良さそうだ。


海・ビーチ


雲が多かったこともあり、比較的天気の良い日でも思ったほど青々した海ではなかった。

砂浜は(探せば真っ白なところもあるが)概ね若干茶色がかった白で、サンゴの死骸を見ても真っ白なものと茶色いものとがある。

雨季だからなのか?どこのビーチもかなり風が強く、波も高い。危険を感じるほどに。比較的波が穏やかなビーチでも、遠浅なので泳ぐことはできない。海に来ていながら今回まったく泳げなかったのは、ちょっと残念。

ちなみに、どこのビーチにもライフセーバーはおろか人自体ほとんどいないので、荒れた海に入るのは完全に自己責任。


自然


海なのにとにかく山が多いなという印象。川があって滝まであるが、滝は(チェンマイで見飽きているので)あえて見に行かなかった。

手付かずの自然が残っていると言えば言えるのかもしれないが、山はタイによくある(チェンマイで見慣れている)雑木林のようなものだし、主要道路は綺麗に舗装されているので、秘境感はさほど感じない。

珍しい昆虫や動物もとくに見かけず、カラス、水牛、犬、猫などどこにでもいる生き物以外では、(椰子の実を取るために飼われている)猿を見かけたくらい。海辺でもヤドカリ、カニ、魚を見かけた程度。

続きを読む
posted by k | クード島

トラート空港の隠れレストランと隠れラウンジ- PG308便は1時間超の遅延

2017年09月03日

トラート空港のラウンジと売店とレストラン


トラート空港空港内の案内板

PG306便の空席待ち(go show)に失敗してトラート空港に取り残された私たちは、他にやることもないので空港内を散策。といっても、ものすごくゆっくり周っても10分もあれば全部見終わってしまう。

『VIP Lounge』という案内表示があったので一応行ってみると、確かに建物はあるものの扉が閉まっていて入れない。どうやらここは"本物の"VIP専用の待合室であるらしい。紛らわしい。

職員に聞いても、チェンマイの『Boutique Lounge』みたいな誰でも入れるラウンジはここにはないとのこと。
※後述するが、実はラウンジは見えない場所にあった。

トラート空港内の売店

空港内で唯一の売店。飲み物とお菓子程度しかなく、まともな食べ物はない。聞けば、少し離れたところにレストランがあるというので行ってみることに。

トラート空港のレストラン

駐車場の向こう側(空港ターミナルから徒歩1分)にある何の変哲もない看板もない建物。言われなければここがレストランだとは絶対わからない。

レストランのメニュー

でも中はわりに小奇麗なレストラン(というより大衆食堂)だった。空港職員専用かと思いきや、何故かメニューには写真と英語もあり、一品35-50バーツと空港とは思えない安さ。しかも美味い。ただしビールはない。そして14時には閉まってしまう。

トラート空港の滑走路

昼食後は空港内の売店に戻り、ビールを購入。シンハの小瓶が65バーツと空港価格だが、アルコールの販売規制は関係ないらしい(14時過ぎでも買えた)。売店付近からは滑走路が目の前に見える。18時まで飛行機は一機も飛んで来ないが。

続きを読む
posted by k | クード島

クード島(クッド島)からトラート空港へ - PG306便の空席待ちに失敗

2017年08月31日

クード島のホテルからソンテウでアオサラ埠頭へ


クード島出発当日、宿泊しているホテルに迎えのソンテウ(ボート代に含まれている無料送迎車)が来るのは午前9時。チェックアウトは8時半までに済ませるようホテルのスタッフに言われていたので、8時頃に最後の朝食を食べに行き、そのまま部屋には戻らずチェックアウト。デポジットの500バーツが返却され、食後はレストランにて待機。

しかし実際には(迎えのソンテウが来るのではなく)ホテル所有のソンテウを使うことになり、9時20分過ぎに(埠頭で待たなくても済む絶妙なタイミングで)出発。30分弱でアオサラ埠頭に到着した。

続きを読む
posted by k | クード島

レンタルバイクでアオサラ埠頭へ - クード島(クッド島)のお土産探し

2017年08月28日
宿泊中のコクッドビーチリゾートで直にバイクを借りると1日400バーツだが、従業員が1日(24時間)250バーツで"個人的に"貸してくれるというのでそれを借りた。ヘルメットも2つ付けてもらって。

参考までに、ホテルを出て右に数十メートル歩けば、1日300バーツのレンタルバイク屋もある。

続きを読む
posted by k | クード島

ベタだけどコスパは高いリゾートホテル『コクッドビーチリゾート』

2017年08月25日
koh kood beach resort

最初に3泊するモンタナバンガローズが気に入れば延泊するつもりでいたが、あまりにも期待はずれだったので4泊目以降は無難そうなリゾートホテル『コクッドビーチリゾート』(Koh Kood Beach Resort)をネットでサクッと予約。(現金払いのモンタナとは違い)クレジットカード決済できるところが地味に嬉しい。

このホテルはアオノイよりもさらに北に位置するためアオサラ埠頭(帰りのボート乗り場)に比較的近く、(ソンテウで1時間以上もかかるモンタナとは違い)帰りが楽なんじゃないかという考えもあった(実際とても楽だった)。

※『コクッドリゾート』(Koh Kood Resort)というよく似た名称の別ホテルもあるので間違えないように。

続きを読む
posted by k | クード島

レンタルバイクでアオヤイのシーフードレストランとクロンチャオ、アオノイのビーチへ

2017年08月22日
khlong hin beach resort

モンタナバンガローズで手配してもらったレンタルバイクは1日(24時間)300バーツのところ値切って250バーツ(ヘルメット2個付き)。バイクはなぜか隣の『Khlong Hin Beach Resort』(※2017年8月現在休業中)の敷地を通り抜けて門を出たところに置いてあり、返す時もここに置いておく。

実は、モンタナに直接通じる小道よりもこちらのリゾートに通じる小道の方がはるかに起伏が少なくて状態も良いのだが、モンタナとはいざこざがあって今はバイクや車の乗り入れをさせてもらえないらしい。この門も午後7時半には閉じられてしまうという。

(モンタナへの道に比べれば)状態が良いとはいえ、舗装路に出るまでの小道はかなりの悪路(岩だらけ)なので、相当バイクに乗り慣れていないと厳しいかもしれない。

続きを読む
posted by k | クード島

クード島(クッド島)で一番綺麗なビーチにある隠れ家的ホテル『モンタナバンガローズ』

2017年08月19日
モンタナバンガローズ

トラート空港から6時間もかけて辿り着いた、秘境中の秘境とも言える隠れ家的ホテル『モンタナバンガローズ』(Montana Bungalows)。ホテル予約サイトでの評価が高く、クチコミではオーナー女性の人柄の良さが絶賛されていたが…。

続きを読む
posted by k | クード島

トラート空港からクード島(クッド島)のホテルまでは最短乗継で所要6時間(バンコクからは9時間)

2017年08月16日

トラート空港からミニバスで船会社の待合所へ


船会社の待合所

トラート空港からクード島行きの船が出るレームソック埠頭へと向かうミニバスは約50分間ひた走り、埠頭の少し手前にある船会社(Koh Kood Princess)の待合所(らしきところ)にて停車。時刻は午前10時30分。空港で"Minibus & Boat Ticket"を買った人たちはここで一旦降ろされ、出航直前まで待機させられる。

待合所のベンチ

待合所は広々していて多数のベンチがあるものの、敷地内および周辺には売店も食堂も何もなく、数種類の飲み物しか売っていない(しかも割高)。乗船前に時間があれば(島は物価が高いだろうから)少し食料を買い込んでおこうと思っていたのに、2時間近くも待ち時間がありながら何もできず。ここでは何もすることがない。

暇だったので帰りのチケットのことを訊くと、ボート代(クード島のホテルから船乗り場までのソンテウ代含む)が350バーツ/人、レームソック埠頭からトラート空港までのソンテウ代(貸し切り)が2人で900バーツとのこと。

トラート空港からレームソック埠頭までのミニバス代(乗り合い)が2人で1,400バーツだったことを思えば十分安いので、ここで予約しておいた。当日レームソック埠頭で運転手が待っていてくれるらしい。

続きを読む
posted by k | クード島

バンコクから飛行機&船で雨季のクード島(クッド島)へ - トラート空港から港への行き方

2017年08月13日
タイ最後の秘境とも言われている(?)クード島は、クート島、クッド島、クット島、コクード、コクッド、コクット、koh kood、ko kood、koh kut、ko kut…等など、実に様々な表記がなされているが、当ブログでは『クード島』で統一する。

今回バンコク(出発はチェンマイ)からクード島を目指すにあたり私が重視したのは、できるだけ体に負担がかからない(疲れない)ようにすること。なので移動は飛行機がメインになるのだが、バンコクからトラートまではバスで行く人が大半らしく、飛行機(とくにトラート空港から港までの移動手段と費用)に関する情報はほとんど見当たらなかった。よって、このあたりを詳しく書いておきたい。

続きを読む
posted by k | クード島

スワンナプーム空港での前泊に最適な格安ホテル『ザ フェニックスホテル バンコク』(The Phoenix Hotel Bangkok)

2017年08月10日
4番出口

チェンマイからPG216便にてバンコク・スワンナプーム空港に到着後、預け荷物を受け取り、予約してあったザ フェニックス ホテル バンコク(The Phoenix Hotel Bangkok)へと向かう。このホテルには無料のシャトルサービス(送迎)が付いているのだが、乗り場がわからないのでインフォメーションで尋ねると、「4番」とのこと。

案内板

4番出口付近へ行っても目印のようなものは何もなく、業者らしき人に再度尋ねると案内板の前まで誘導され、「ここで10分待ってください」と言い残してどこかへ消えた(連絡しに行ってくれた)。

無料シャトル

10数分後にはちゃんと迎えの車が到着し、ホテルへ。乗客は我々2名のみ。空港からホテルまでは車でわずか10分の距離。昼間だったせいか渋滞もなく、スムーズな移動だった。

続きを読む
posted by k | クード島