ビエンチャン・ワッタイ空港のラウンジとTG571ビジネスクラスの機内食

2014年10月14日
ビエンチャン空港のラウンジ

約1週間のビエンチャン滞在を終え、帰国の途につく。

ビジネスクラス利用だったので少し早めのチェックイン→出国審査→セキュリティチェック→ラウンジへ。広くはないが一応首都の国際線ラウンジだけあって、それなりの体裁は整っている。

ビエンチャン空港のラウンジにある食べ物

食べ物の皿にはすべて蓋が被せられていたため何なのかよくわからず。ざっと見た感じでは、ツマミになりそうなものから甘いものまで揃っていたように思う。

ビアラオ

ラオスと言えばやはりビアラオ(ラオスビール)。ラオス旅行の締めはこれに限る。ちなみに他のアルコール類は見当たらなかった。

スポンサーリンク



TG571便ビジネスクラスの座席

ビエンチャン(13時40分)発バンコク行きTG571便の機材は往路(バンコク発ビエンチャン行きTG574便)と同じボーイング737-400。ビジネスクラスは2-2×3列(全12席)。

上空から見るメコン川

離陸から旋回の数秒間、母なるメコンが眼下に見えた。さようならラオス。

tg571_meal.jpg

TG571便ビジネスクラスの機内食。右上から順に、前菜:スモークサーモンサラダ(タイスタイル)、メイン:鶏肉と玉ねぎ&トマトの炒飯、デザート:もち米とバナナ。味は普通。


続き "バンコク空港のファーストクラスラウンジ"

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーリンク

Privacy Policy