チェンマイ郊外でのエアコン掃除(クリーニング)は800バーツ

2016年05月30日
タイで買ったエアコン

約4年前に購入したパナソニックのエアコン。

2年前くらいから冷房で高い温度(27度以上)に設定すると送風時に古雑巾のような嫌な臭いがするようになり、冷えにくくなった。その頃からエアコン掃除業者を呼んでほしいと妻には頼んでいたのだけど、(本気で探していなかったのか)なかなか見つからないようで、ずっと騙し騙し使ってきた。

それが最近ではエアコンを使うと部屋の空気が汚染されていくのが実感できるまでにひどくなり、(さすがに本気で探すようになったのか)どうにかこうにか業者を見つけてきてくれた。それでも順番待ちとのことで、要請してから2ヶ月ほどもかかった。

スポンサーリンク



掃除代

室内機のクリーニング場面は見ていなかったので手抜きせずにしっかりやってくれたのかどうかわからないが、臭いは完全にはなくなっていないものの大幅に減少し、27度の設定でもそこそこ冷えるようになった。

必要なさそうに思えた室外機のクリーニングもやってくれて、二人がかりで約1時間で作業終了。お代は800バーツ。バンコクでも500バーツが相場のようだから、地方にしては少々お高い気がする。まあ、チェンマイ市内から車で30分ほどかかる田舎町なので、「足代込み」と考えるべきか。


それにしても、エアコンの掃除など日本では(フィルターの掃除以外は)一度もしたことがないし、気になるほどの異臭も経験したことがない。

それがタイではわりに当たり前のように掃除しないといけないのは、気候や環境の違いでおかしくなりやすいからだろうか。エアコン自体の品質の違いだろうか。タイのエアコンは暖房設定がないだけに、日本のメーカーのものでも日本のエアコンとまったく同じではない。

そういえば、(全然関係ないけれど)先日9時間もの苦行を強いられた空港近くのイミグレのオフィス兼待合室に付いていた二台のエアコンは無名メーカーのもので、真下に座っていたら水滴がポタポタと垂れてきて辟易した。まだ購入してから1年も経っていないだろうに。
posted by k | 物価・生活費

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーリンク

Privacy Policy