新型コロナは危険だがチェンマイの空気も危険

2020年03月15日
チェンマイのAQI

もはや世界のどこにいても感染し得る新型コロナウイルス(COVID-19)。

この状況下で日本にいるのは不運なのか。
今チェンマイにいたとしたら幸運なのか。

日本は決して迅速な対応だったとは言えないものの、他国に比べれば健闘している方だと思うし、医療体制もまだ十分機能している。

一方、今のチェンマイはコロナ騒ぎに紛れてあまり注目されていないけれど、空気質指数(AQI)は大半の地域が「危険」とされる300を超えている(3月15日現在)。世界最悪レベルだった昨年の数値とほぼ同じ酷さであり、数ヶ月続くだけに健康へのダメージは計り知れない。

それにタイでもコロナ感染者は日々増えており、マイペンライの(衛生観念が乏しい)国民性や医療保険の使いにくさ(数時間待ちがざらで質も低い)、不法外国人労働者や中国人旅行者の多さ等を勘案すると、公表されている数字以上に潜在的な感染者は多いように思われる。

タイでコロナ感染者が増えていることについて「タイは高温多湿なのに・・」と不思議がる人もいるが、今のタイは雨が振らない"乾季"なので湿度は高くないし、それ故に空気の悪さも改善されない。

(私は現在日本在住なので)チェンマイにいるタイ人からよく心配されるが、世界最悪レベルの大気汚染の中でコロナ感染リスクにまで曝されているチェンマイよりは、空気が清浄で医療体制も整っている日本の方がよほど安心ではないだろうか。
posted by k | チェンマイ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーリンク

Privacy Policy