日本からタイへの入国が事実上不可能に

2020年03月19日
【新型コロナウイルス】3/22から有効 タイ民間航空局(CAAT)の対策ガイドライン (3/20更新)によれば、2020年3月22日(日)から空港でチェックイン時に以下の2点を確認され、提示できなければ搭乗拒否される。

(1)検査の結果新型コロナウイルス(COVID-19)が検出されなかった旨を証明する英語の診断書の提示。診断書は航空便の出発前72時間以内に発行されたものとする。
(2)新型コロナウイルス(COVID-19)による疾病を含む海外旅行中の医療費の全額をカバーするものとして、医療費の補償額が10万米ドル相当かそれ以上の健康保険に加入した事を示す証書。旅行者は出発前に健康保険を購入する必要があります。

(1)一般的な健康診断ではなく、PCR検査による陰性の証明書が必要。しかし現状では症状がなければPCR検査自体が受けられないため、入手不可能。※タイ人も必要。タイ人はこちらの手続きが必要。
(2)1,100万円以上とかなりの高額であり、クレジットカードの付帯保険(通常50〜300万円)では全然足りない。※タイ人は不要。
タイへご旅行のお客様へ〜必要書類のご案内〜(タイ国際航空)にも詳しく書いてある。


入手不可能な書類を要求してくる時点で、事実上の入国拒否と言っても差し支えないだろう。治療費用の有無にこだわるあたりがいかにも(なんでも金次第の)タイらしい。

ちなみに、在東京タイ王国大使館は電話しても誰も出ないし、公式サイトに記載のメールアドレスは宛先不明で届かない。タイ人がタイに帰れない状況なのに、自国民を助ける気もないのだろうか。こういうところがやはり先進国とは違う。

以前、日本政府が武漢の日本人を帰国させるためにチャーター機を飛ばした際も、助けてもらえない現地のタイ人は「日本はお金持ちだから…」と言っていたが、そうではなくて、"自国民を守る"という政府の姿勢の問題だと思う。

とにかくタイ人はお金のことしか頭にないようだが、今回の件でも"自国民だけは帰国させよう"という気持ちがもしあれば、もっと柔軟な対応もできたはずで、それはお金の問題ではない。
さすがに自国民まで帰国させないのはおかしいと気づいたのか、たった1日で通達の内容が変更され、タイに帰国するタイ人については(PCR検査ではなく)飛行機に乗れる程度に健康であるという診断書(英語)と在東京タイ大使館が発行する証明書の2点があればOKということになった。とはいえ、限りなく不可能に近いスケジュールと面倒さではあるが・・一応、不可能ではなくなったので一歩前進と言える。
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーリンク

Privacy Policy