タイで一番、日本よりも美味しい!?ヨーグルト

2013年02月15日
タイで一番おいしいヨーグルト

タイではおいしい牛乳…という以前に甘くない普通の牛乳ですら希少なため、おいしい(甘さ控え目の)乳製品を探求する気持ちはすっかりなくなってしまっていた。どうせろくなものはないだろう…と。

ところが先日、偶然目に留まったこのヨーグルト。パッケージの絵になんとなく見覚えがあるなと思ったら、例の牛乳と同じメーカーの商品だった。あの牛乳を作るメーカーなら期待できるかも…と思い、試しに買って食べてみたところ、期待をはるかに上回る美味しさ。少なくとも今までタイで食べたヨーグルトの中ではダントツの一番だし、日本で出回っている多くのヨーグルトと較べてもまったく引けをとらない。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

身近なところにあった無糖の牛乳

2013年02月07日
fresh milk 100%

以前、タイでは希少な成分無調整(無糖)牛乳を発見したという記事を書いたが、その後さらにもう1種類、砂糖の入っていない牛乳を見つけた。見つけたというより、元々あったのに今まで勘違いしてスルーしていただけだった。

紙パックの側面には英語で「FRESH MILK 100%」とある。しかし、反対側の側面には(タイ語で)「砂糖7g」云々の記載もあり、これに惑わされていた。実はこの「砂糖7g」云々は「一日に必要な摂取量の目安」みたいなもので、商品の成分表示ではなかったのだ。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

超危険!?タイで半生のアカガイ(赤貝)を食べる

2013年01月23日
タイのミニ赤貝

タイでもっともポピュラーな貝と言えば、このミニ赤貝(サルボウ貝?…正式な名称・種類はわからない)。不思議なことに、海から遥か遠く離れた内陸地のチェンマイ(郊外)でさえ市場で常時売られている。保冷処置もされず、生の状態で。しかも価格は60バーツ/kgと安い。バンコクならもっと安いだろう。

調理方法は至って簡単で、砂抜きはせず(しなくてもまず砂はない)軽く水洗いした後サッと2分ほど茹でるだけ。写真のような半生状態のものを唐辛子ソースにつけて食べるのがタイでは一般的。ちなみに私は自宅では生姜醤油で食べている。若干の生臭さはあるものの、ほのかな甘味とプリプリした食感がたまらない。ビールのつまみには最適。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

初物のドリアン(モントーン)は1kg60バーツ也

2013年01月09日
初物のドリアン

一昨日、近所に新しくできた市場を散策していたら、およそ半年ぶりくらいにドリアンを見かけた。1店舗のみで、しかもごく少量(10個もないくらい)しか置いてなかったので、すかさず購入。1房3.5kgで210バーツ也(60バーツ/kg)。閑散とした市場なのに、私が購入した直後に立て続けに2名の客が訪れて購入していた。やはりドリアン好きには堪らないのだろう。

でもドリアンってこんな時期にあったっけ・・と不思議に思い過去の記事を見返してみると、昨年もちょうど今くらいに季節はずれだと感じながら初物を買っていた。どうやら例年この時期が出始めらしい。最盛期は雨季だとばかり思っていたけれど、昨年は雨季の半ば(7月後半)にはほとんど姿を見かけなくなっていたように記憶しているので、2〜6月あたりがドリアンの旬なのかもしれない。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

『タオケーノーイ』(小老板)という海苔のお菓子の物語

2013年01月06日
TaoKaeNoiクラシック味

今ではどこでも見かけるこのお菓子海苔。様々な味とサイズのバリエーションが展開され、コピー商品が氾濫するほどの売れ行きだが、写真はセブンイレブンで購入した本家本元の『タオケーノーイ』(クラシック味・大判サイズ 5バーツ)。「BIG SHEET」と「小老板」以外はすべてタイ語表記で製造元も何も読み取れないが、実は創業者は大学生の時にこのお菓子海苔会社を興して大成功を収め、今や弱冠26歳にして億万長者なのだとか。サクセス・ストーリーとして映画(Top Secret)にまでなっている。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

個人的に好きなタイの象ビール『ビア・チャーン』と馬ビール『ビア・アーチャー』

2013年01月03日
チャーン・ビール(ドラフト)

外国人に人気のシンハー(SINGHA)、タイ人に人気のリオー(LEO)、チャーン(Chang)の他、ハイネケン(Heineken)、アサヒ(Asahi)、タイガー(Tiger)、サンミゲル(San Miguel)など、タイ国内に出回っているあらゆる銘柄を飲んでみたが、普段飲みはチャーン・ドラフト(DRAUGHT)で落ち着いた。値段は640mlの大瓶で40バーツ前後。アルコール度数は5.0%。

これで落ち着いた理由は、まろやかな口当たりと適度な風味が自分好みで、かつ安いから。同じチャーンでもポピュラーなチャーン・クラシック(CLASSIC)は少し尖っていて独特のクセが強くアルコール度数も6.4%と高いためまったく好みではない。シンハーはチャーン・クラシックよりもさらに尖っていて飲みにくい。なぜか大人気のリオーはなんとなく風味が好みでない。

ハイネケンは好みに近くて美味しいと思うのだが、いかんせん普段飲みには高すぎる。大瓶で70バーツ前後だから、実にチャーンの1.8倍もするのだ。レストランなどではシンハーとハイネケンくらいしか扱っていないことが結構あり、そういう場面では迷わずハイネケンを選択する。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

自家製カエルの唐揚げ

2012年07月09日
タイの食用蛙

蛙(かえる)はタイでは一般的な食材として市場でもよく売られているが、うちの家族は気味悪がって誰も食べないため普段買うことはない。

しかし昨日、実家に行った際に近所の人が山で捕ってきたばかりの活きの良い蛙がいると言われ、興味をそそられた。10匹ほどで100バーツ也。高いか安いかは全然わからない。

市場で売られている蛙は素性が分からないし解体されたものは鮮度が疑わしいけれど、これなら出所は確かで鮮度も抜群。買わない理由もないので、全部買い取った。

実は、私は蛙を何度も食べたことがあり、嫌いではないのだ。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

不可解な飲酒禁止デー - タイでお酒が飲めない日と買えない時間帯

2012年06月23日
日本食レストランFuji

タイは何事にも寛大な国だと思われがちだが、意外にもお酒の販売には厳しくて、アルコール類が買えない&飲めない日が年に数回ある。

まさに今日がその日で、せっかく久々に日本食レストランに行ったのに、飲ませてもらえなかった。政治に関心がないので詳しいことはよく知らないけれども、今日明日?チェンマイでは何かの選挙があるらしく、投票期間中は飲酒ができない決まりになっている。

選挙の他にも大きな仏教行事の日はダメで、例えば今年の日程だと

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

不思議な味わいの果物『ドラゴンフルーツ』

2012年06月20日
ドラゴンフルーツ

結論から言ってしまうと、ドラゴンフルーツとはサボテンの実である。ベトナムではごく一般的な果物で、以前旅行した際によく食べた記憶がある。チェンマイでは昔はあまり見かけなかった気がするが、最近はどこでも容易に手に入るようになった。その大半はベトナムからの輸入モノらしい。

日本の沖縄でも栽培されており、旬の時期(日本では8月)になるとスーパー店頭でも稀に見かけることがある。楽天市場でも期間限定で専門農家から直接購入が可能。実際、日本にいる時にお取り寄せして食べたこともあるのだが、味はともかく値段があまりにも高すぎる。送料込みとはいえ、小玉ばかりで2,000円/kg近くもする。

ちなみに上の写真のドラゴンフルーツは近所(チェンマイ郊外)の市場で購入したもので、1kg超の超大玉(*)が60バーツ(現在のレートで約153円)/kg。このところの物価高で日本と比べても安いと思える物が少ない中、ライチドリアンなどの果物だけはまだまだ圧倒的に安い。

注)*ドラゴンフルーツは大きいものほど甘い傾向があるため、選ぶ際は見た目の綺麗さよりも大きさが大事。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

ライチの季節到来!超大粒4cmジャカパット種も

2012年05月26日
タイ産ライチ

久々にチェンマイ旧市街にある唯一の公園(スワンブアックハット)に行ってみると、入口付近に出店がずらりと並んでいた。しかもそのすべてがライチ屋さんという芸のなさ。

スーパーマーケットでも2週間ほど前からちらほら見かけるようになったところなので、今が旬の始まりなのだろう。色鮮やかで新鮮そうなライチは産地直送…かどうかは聞くのを忘れてしまったけれど、おそらくチェンライ方面からやって来たものだ。以前、チェンライに出かけた時に沿道でライチ売りの露天が多数出ていたのを記憶している。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。