幻の成分無調整(無糖)牛乳をついに発見!

2012年05月18日
タイの牛乳

タイで一般に売られている牛乳は、冷蔵品から常温保存タイプまでメーカーも種類も実に豊富だが、驚くべきことにそのほとんどが砂糖入りだ。しかもかなり甘い。そのせいか、タイでは肥満児の割合が日本よりもはるかに高い(ように見受けられる)。

牛乳が大好きな私でさえタイの甘〜いミルクはまったく飲む気がせず、スーパーに行く度に日本のような成分無調整牛乳を探し求めていた。

日本の明治(CP-MEIJI)は1989年からタイに進出しており、現地でMEIJIブランドの牛乳を生産・販売しているが、期待に反してすべて砂糖入り。輸入品を多く取り扱う高級スーパー『Rimping Supermarket』(リンピン・スーパーマーケット)では純日本製の北海道牛乳も売っているが、如何せん値段が高すぎる。1000mlパックで185バーツ也。現在の換算レートで約500円。いくらなんでも日本の定価の2倍超では買う気がしない。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

チェンマイのラーメン価格

2012年01月20日
タイのラーメン

タイ人が最もよく食べているラーメンは「クウェイティオ」という米粉からできた白い麺で、麺の太さによりセンミー(極細麺)/センレック(細麺)/センヤイ(太平麺)に分けられる。「バーミー」という日本のラーメンに似た小麦粉からできた黄色い麺もあるが、何故か食べている人をあまり見かけない。いずれもスープと値段は共通で、好きな麺と肉(鶏/豚/牛)を選べるようになっている。

他にも「カオソイ」というチェンマイ名物のカレー風味のラーメンや「カノムチン」などの麺もあるけれど、クウェイティオに比べると食べられるお店が限られ、ラーメンとはやや趣が異なる気もするので今回は除外。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

季節はずれ(出始め?)のドリアン

2012年01月10日
ドリアン販売車

昨日、チェンマイ門からロビンソン(エアポートプラザ)に向かう道(thipanet Rd.)すがら、ドリアン販売車をついに発見。昔からドリアンといえばこの道と決まっているのだが、少し前に通った時にはまだいなかった。元々あまり通らない道なので、いつ頃から出没しているのか不明。

念願のドリアンは季節はずれのせいか出始めのせいか異様に巨大なサイズのものしかなかった。モントーン種のみで、最小でも7kg前後、大きいものだと十数kgはありそう。とにかくでかすぎる。しかしこの時期にしてはとても安く、45バーツ/kg。これなら豊作年の最盛期の値段とそう変わらない。小分けして少量パックされたものも並べてあったけれど、ドリアン通としては何としても丸ごと買いたい。結局、7kg超のを一個だけ購入。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

間違いだらけのピザ屋

2011年12月15日
Big C Chiangmai2内にある大手ピザチェーン店『Pizza Hut』での出来事。時刻はランチのピークを少し過ぎた12時45分頃。店内は閑散。

最初、メニューに大きく「99バーツ」と書かれていたスパゲティとグラタンを注文。ところが、これはピザを注文しないと適用されない料金で、単品で注文すると+60バーツとかなり割高になるとのことだったので、店員おすすめのピザ+サイドディッシュ3品付き299バーツのセット(+飲み物)に変更。

10数分待って、サイドディッシュ3品が運ばれてきた。これは問題ない。それからまた10数分待って(遅いよ)、何故かスパゲティが運ばれてきた。頼んでないので断る。さらに数分後、今度はグラタンが運ばれてきた。頼んでないので断る。この時点でおかしいと気づいて注文を再確認し、ピザは焼いてるのか?と聞くと焼いているという。そして最初に注文を取りにきた店員はもういないという。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

いちご、みかん、ジャックフルーツ - 旬の果物

2011年12月07日
タイのみかんパイナップルやバナナ、パパイヤなど年中出まわっているものも多数あり、短期滞在の旅行者には何が旬なのかわかりにくいかもしれないが、市場を見渡せば一目瞭然。前面に最も多く並べられているものが旬の果物だ。写真はチェンマイ市内最大規模のワロロット・マーケット。

今(12月上旬)の旬はミカンとイチゴらしい。ミカンは中国産のようで、パッケージや箱には中国語が表記されている。35バーツ/kg。個人的にミカンはあまり好きでなく買う機会も少ないため詳細は不明。

【追記】
家族が好きなようなので何度か買ってみたところ、サイズはとても小さくて種があり品質にバラつきもあるけれど、平均してとても甘くて美味しかった。日本のブランド蜜柑にも劣らないほど。家の近所では40バーツ/kg。

タイのいちごイチゴもごくたまに買う程度だが、およそ10年振りに食べたタイ産イチゴ(写真左の1袋80バーツのもの)は…まあ普通。ほのかな甘味とやや強めの酸味があり、実は硬くしっかりしている。色づきは良い。日本のブランド苺には到底かなわないものの、日本でたまに遭遇するハズレ苺よりは野性味があって美味しい。ただ、日本のスーパーの1パックより若干多い程度の量で80バーツ(約200円)だから、値段的には決して安いとは言えない。写真手前の1袋20バーツのものは安いが色づきや状態が良くない。

タイの高級イチゴ中には丁寧に箱詰めされた高級そうなイチゴもあり、これは単に大きくて色形が良いだけなのか、それとも品種そのものが違うのか、不明。機会があれば追って報告するが、高くて中々手が出せない…というのが実情。


続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

チェンマイのドリアン事情

2011年09月05日
希少品種のカンヤーオ個人的に大好物であるドリアンについて、少し書き留めておきたい。

チェンマイにおけるドリアンの旬は2~
6月。初物は1月上旬頃に出回り、7月下旬頃になると探すのも難しくなる。品種は数種類あり、最も人気が高く多く出回っているのは『モントーン』。チェンマイで売られているドリアンの9割以上がこの品種。他に『カンヤーオ』『シャニー』等もあるが、チェンマイではほとんど見かけない。もともとドリアンの産地はタイ南部なので、チェンマイで獲れるものはひとつもない。いずれも遠路はるばる運ばれてきたものだ。

値段はその年の出来不出来により、豊作なら安く、不作なら高くなる。2011年は比較的豊作で安かった。

続きを読む
posted by k | 料理・果物

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。