陸路国境も封鎖され、タイは鎖国状態に

2020年03月23日
空路での事実上の入国拒否に続き、陸路国境も全て閉鎖され、さらにはバンコク、チェンマイ、チェンライ、プーケット等が封鎖された。

以下、在タイ日本国大使館からのメールを転載。


(引用ここから)

・3月23日,バンコク都知事は,バンコク都感染症委員会の意見を受けて,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を管理する指針につき発表しました。
・3月23日から,タイ国内全ての陸上国境(17県内18カ所)を原則閉鎖する旨,発表されました。
・3月21日,バンコク都知事は,3月22日から4月12日までの期間,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防のため,首都バンコクにおいて人々が集う施設を閉鎖することを発表していますが,同様の措置がタイ各地でもとられています。
概要は以下のとおりです。

○バンコク都知事の発表
1.以下の理由から,バンコクから出ないよう協力を求める。
1.1 まだウイルスに感染していなくとも,移動中に感染する可能性がある。
1.2 自己治癒できる程度の微量のウイルスが身体のなかに入っていたとしたら,移動は身体内のウイルス量を増加させ,症状を重くする可能性がある。
1.3 もし身体にウイルスが入っていたら,故郷にいる愛する家族を含む他者に移動中に感染させる可能性がある。それは,子供や高齢者かもしれない。
2.家の外で感染することを防ぐため,住居に滞在し,住居,触れる場所,トイレの掃除に努め,健康に気をつけ,自分自身及び同居人がウイルスに感染しないよう防ぐよう協力を求める。
3.政府機関,国営企業,民間の職場で,感染症が拡大しないように防ぐ対策を行うように協力を求める。触れる場所及びトイレの掃除や,1から2メートル間隔の距離をとった座席の配置を速やかに行う。また,健康に気をつけ,従業員がウイルスに感染することを防ぐ。例えば,保健省が指針を示している通りに,マスクの着用,手指用消毒液の設置,及びゴミの処理を行う。そして,勤務時間の重複を避け自宅勤務の措置を検討し,遠隔会議などのインターネットの活用を促進する。
4.ボクシング場,娯楽施設,もしくは新型コロナウイルス感染の報告があった場所に移動する人,及び感染者と濃厚接触した人は,保健省の国民向けの勧告に従って自身を守り,自宅での自己観察を行うよう協力を求める。発熱,咳,のどの痛み,息切れ,息苦しさがある場合は,医者の診察を受ける。
5.人が集まる場所は避け,他者と1から2メートルの距離を取るよう協力を求める。
6.政府,国営企業,民間部門は,拡大感染のリスクある人を集める活動もしくは多数の人が集まる活動を中止するよう協力を求める。例えば,会議,セミナー研修,展示会,イベント,コンサート,ドラマや映画の撮影,テレビ撮影や生放送の観賞などである。
7.全ての輸送機関は乗客の密集度を下げるよう協力を求める。例えば,保健省の国民向けの勧告に従って,少なくとも1から2メートル間隔で人が離れるように距離を取るようチケット販売窓口を増設したり,運行便数を増やしたり,多くの人が触れる場所の清掃や,消毒液の設置,体温測定のスクリーニング,ごみの処理などを行う。体調不良,咳,くしゃみ,鼻水がある乗客を見つけた場合は,マスクの着用の協力を求める。

○タイ国内全ての陸上国境の原則封鎖
 3月23日から,タイ国内全ての陸上国境(17県内18カ所)を原則閉鎖(物資の封鎖のみ許可)する旨,内務省が当該陸上国境を有する各県知事に指示していた旨一部報道で報じられていましたが,当館からタイ入管当局に事実確認したところ,その旨確認がとれました。

○タイ各地における感染予防措置
首都バンコクが3月21日付で発表した施設の暫定的な閉鎖の告示に基づき,さきに当館からお知らせしていたとおり,首都バンコク等で各種措置が講じられておりますが,この度当館において在留邦人の皆さまが多く居住されている地区につき確認したところ,以下のとおり各県においても同様の措置がとられています。なお,在留邦人の皆様におかれましても,居住先県の発表等の最新の情報収集に努めていただくようお願いいたします。

・チョンブリー県:3月18日から3月31日
・チェンマイ県:3月23日から4月13日
・パトゥムタニ県:3月22日から4月12日
・サムットプラカーン県:3月22日から4月12日
・アユタヤー県:3月20日から4月2日
・プラチンブリー県:3月18日から3月31日
・プーケット県:3月18日から3月31日
・ノンタブリ県:3月22日から4月12日
・ナコンラチャシマ県:3月22日から4月12日
・ラヨーン県:3月19日から4月1日
・チェンライ県:3月21日から4月3日
・ナコンパトム県:3月22日から4月12日
・コーンケーン県:3月23日から4月12日
・ロッブリー県:3月19日から4月1日
・ウドンタニ県:3月22日から4月12日

・引き続きタイ政府等関係機関からの発表の最新の情報収集に努めて下さい。
また入国時や病院受診時など,必要な場合にはきちんと渡航歴等をご申告いただくようお願いします。

(引用ここまで)


どこまで厳密に守られるかは不明だが、タイのことだから(お酒の販売規制のように)抜け道はたくさんありそうな気がする。従って、コロナウイルスもその抜け道を通り抜け・・感染拡大が続くと予想(当たらないこと祈る)。

それより心配なのは、治安の悪化。

借金を抱えている国民がほとんどなので、封鎖で仕事がなくなれば忽ち返済不能に陥り、生活に困窮し、悪いことをしてでもお金を手に入れようとする輩が増えるのは自明の理。ただでさえ観光立国だったのに、外国人観光客が締め出された上に自国内の経済活動まで制限されたらにっちもさっちもいかなくなってしまう。

政府が速やかに大盤振る舞いの現金バラマキでもしない限り、治安の悪化は避けられないと思う。
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

日本からタイへの入国が事実上不可能に

2020年03月19日
【新型コロナウイルス】3/22から有効 タイ民間航空局(CAAT)の対策ガイドライン (3/20更新)によれば、2020年3月22日(日)から空港でチェックイン時に以下の2点を確認され、提示できなければ搭乗拒否される。

(1)検査の結果新型コロナウイルス(COVID-19)が検出されなかった旨を証明する英語の診断書の提示。診断書は航空便の出発前72時間以内に発行されたものとする。
(2)新型コロナウイルス(COVID-19)による疾病を含む海外旅行中の医療費の全額をカバーするものとして、医療費の補償額が10万米ドル相当かそれ以上の健康保険に加入した事を示す証書。旅行者は出発前に健康保険を購入する必要があります。

(1)一般的な健康診断ではなく、PCR検査による陰性の証明書が必要。しかし現状では症状がなければPCR検査自体が受けられないため、入手不可能。※タイ人も必要。タイ人はこちらの手続きが必要。
(2)1,100万円以上とかなりの高額であり、クレジットカードの付帯保険(通常50〜300万円)では全然足りない。※タイ人は不要。
タイへご旅行のお客様へ〜必要書類のご案内〜(タイ国際航空)にも詳しく書いてある。


入手不可能な書類を要求してくる時点で、事実上の入国拒否と言っても差し支えないだろう。治療費用の有無にこだわるあたりがいかにも(なんでも金次第の)タイらしい。

ちなみに、在東京タイ王国大使館は電話しても誰も出ないし、公式サイトに記載のメールアドレスは宛先不明で届かない。タイ人がタイに帰れない状況なのに、自国民を助ける気もないのだろうか。こういうところがやはり先進国とは違う。

以前、日本政府が武漢の日本人を帰国させるためにチャーター機を飛ばした際も、助けてもらえない現地のタイ人は「日本はお金持ちだから…」と言っていたが、そうではなくて、"自国民を守る"という政府の姿勢の問題だと思う。

とにかくタイ人はお金のことしか頭にないようだが、今回の件でも"自国民だけは帰国させよう"という気持ちがもしあれば、もっと柔軟な対応もできたはずで、それはお金の問題ではない。
さすがに自国民まで帰国させないのはおかしいと気づいたのか、たった1日で通達の内容が変更され、タイに帰国するタイ人については(PCR検査ではなく)飛行機に乗れる程度に健康であるという診断書(英語)と在東京タイ大使館が発行する証明書の2点があればOKということになった。とはいえ、限りなく不可能に近いスケジュールと面倒さではあるが・・一応、不可能ではなくなったので一歩前進と言える。
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

ノービザ入国でもTM30は必要か?

2019年12月09日
再入国の度に24時間以内の届け出が必要なTM30(居住届)。これはノービザ(ビザ無し)入国の場合でも必要なのだろうか。

チェンマイ・イミグレーションへ行って聞いてみたら、「今回は必要ないですよ」…と言われることもなく、そのまま手続きをすることになったので、必要ということなのだろう。まあ考えてみれば当然のことで、TM30は外国人を宿泊させる家主に課せられるものだから、ビザの有無や種類は関係ない。

私は今回滞在許可を延長して60日弱滞在する予定なので、TM30の届け出をしていないと、延長手続きができない上に罰金をくらう可能性もある。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

片道航空券&ノービザでタイに入国してみた

2019年11月27日

日本での搭乗手続き時


今回訳あってノービザでタイへ渡航した。ビザ無しの場合は帰りの航空券(または第三国への出国チケット)が必要となり、日本側で搭乗手続き時に確認されることが多い。ビザなし&出国チケットなしだと最悪"搭乗拒否"もあり得る。

私は一応帰りの航空券は持っていたものの、出発が2ヶ月先のものだった。ノービザだと最大30日しか滞在許可がもらえないためこれでは辻褄が合わず、実質的にはチケットを持っていないのと同じ(と言われれも仕方がない)。ノービザでも入国後に手続きすればもう30日だけ延長できるのでそうするつもりだったのだが、そんなタイの国内事情を日本の係員に説明したところで通じるかはわからない。

なので、万一に備えて30日以内にタイを出国するチケットで最も安いと思われる(かつネットで予約・購入できる)ものを探して、別途用意しておいた。参考までに、私が実際に購入したのはノンカイ発ビエンチャン行きのバスチケットで、料金は350バーツ(※後日キャンセルすれば110バーツ戻ってくる)。

1. 帰りのチケットは?と聞かれたら→2ヶ月後に出国する航空券を提示
2. 滞在許可日数との矛盾を指摘されたら→入国後に30日延長すると説明
3. それでもだめなら→30日以内に出国するバスチケットを提示

という三段構えの万全の体制で搭乗手続きに臨んだわけだが、結果は実にあっけなく、一切何も聞かれなかった。期限切れの家族ビザを有効なビザと勘違いしたのか、あるいはノーチェックだったのか。。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

家族ビザ延長(更新)の必要書類が大幅に変更・増加

2018年06月15日
チェンマイイミグレーション

家族ビザ延長の申請場所は、昨年と同じプロムナーダGround Floorのイミグレーションオフィス(2番の小部屋)。受付は(総合受付から分離され)この小部屋の前に移動していた。

一昨年までのような異常な混雑はなくなったものの、一日あたりの人数制限があるらしく、今でも日によっては門前払いを食らうことがある。実際、私たちは午前9時40分にイミグレに着いたにも関わらず、その日は当日分終了とのことで受付さえしてもらえなかった。

二度目に出向いた時は午前6時50分から並んで、家族ビザでは5番目。何時頃までに来れば大丈夫なのかは誰にも確かなことは言えないので、確実に申請するにはできる限り早く来るしかない、というのは以前と変わらないようだ。

6時50分:イミグレ到着
8時20分:受付にて書類の事前チェック→却下→追加書類の用意
11時5分:受付にて書類の事前チェック
11時15分;受付にて申請受理
11時20分:番号呼び出し
12時5分:ランチ休憩
13時15分;業務再開
13時20分:申請完了
13時25分:パスポート返却

家族ビザの担当職員は昨年までとは異なる顔ぶれとなっており、そのせいか求められる書類も大幅に変更されていた。しかも受付スタッフはチェックが厳しいわりに無知で融通がきかないという始末の悪さ。

例えば、定期預金なのに今から100バーツ出金して通帳をアップデートしてこいと言ったり(実際にはカシコン銀行が用意してくれた3枚綴りの書類でOKだった)、記念写真は家の外で夫婦一緒に写ったものも必要だと言ったり(実際には家の中で一緒に写ったものだけでOKだった)。


昨年からの変更点は、以下の通り。いくらなんでも変わりすぎ・増えすぎだろう。

●滞在延長申請書(TM.7):新書式になり旧書式は使用不可に。
●パスポートコピー:これまでは全頁提出しても何枚か返却されたが1枚の返却もなし。
●子の国民身分証明書(IDカード)コピー:過去一度も求められなかったが2枚必要に。
●婚姻証明書(タビアン・ソムロッ):過去4年間求められなかったが2枚必要に。
●自宅周辺地図:白紙ではなく専用の用紙に手書きで記入し1枚コピー。
●40万バーツ以上の預金残高証明書:通帳の認証印は不要になり3枚綴りの書類に。
●預金通帳コピー:各1枚に。
●オーバーステイに対する罰則確認書(The Acknowledgement of Penalties for a Visa Overstay):今回から各2枚必要に。
●記念写真:家と夫婦が写っているもの・家の中で夫婦が写っているものを各2枚。

とくに役場に行かないと取得できない婚姻証明書、子供本人の署名が必要な子供の国民身分証明書コピー、追加の記念写真などは急に言われてもすぐには用意できないので、せっかく早起きして早朝から並んでも無駄足になりかねない。

それに、滞在延長申請書、自宅周辺地図、オーバーステイに対する罰則確認書の用紙はイミグレ受付でしか入手できないものなので、事前に一度は必ず受付に来ないといけない。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

TM.30(居住届)は今後も徹底される

2017年12月01日
チェンマイ入管事務所

再入国の度に(しかも24時間以内に)届け出をしなければならないという超面倒くさいTM.30の更新をプロムナーダ2nd Floorのチェンマイ入管事務所にて済ませてきた。

TM.30の更新に必要なものは半券が貼付されたパスポートのみ。所要時間は待ち時間を含め30分弱。(新しい半券が交付されるのではなく)古い半券の余白に入国年月日の入ったスタンプを押されて返却された。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

観光ビザまたはノービザの場合、2万バーツ提示できなければ入国拒否(抜き打ち検査実施中)

2017年07月21日
本日(2017年7月21日)、在チェンマイ日本国総領事館より以下のメールが届いた。

=== 転載ここから ===

チェンマイに滞在されている皆様へ

一部報道では「タイに観光査証で入国する際に、入国管理局から2万バーツの提示を求められる。」「提示できずに入国を拒否された。」との報道がありましたところ、当地タイ国入国管理局等へ確認しましたところ、次の通り回答がありましたのでお知らせします。

「タイでは仏歴2522年(1979年)入国法の定めにより、観光査証(及び無査証)等で入国する外国人に対し滞在費用を所持していることを確認することを定めており、これに基づいて執行されている。
これまであまり運用されていなかったが、昨年3月以降に法の厳格運用が行われて来ており、抜き打ち検査を実施している。」

また、特に注意が必要なものとして、陸路でラオスやミャンマーへ出て再入国を行う渡航者に対し、この取扱いが適用されることが多く、場合によっては入国を拒否する場合があるので注意が必要との説明がありましたので併せてお知らせします。

以上

在チェンマイ日本国総領事館

=== 転載ここまで ===

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

家族ビザの受取とリエントリーパーミットの申請・取得

2017年07月20日
イミグレ

約1ヶ月半前に申請した家族ビザを受け取るため、指定日にイミグレ(Promenada Ground Floorの1番の小部屋)へ。到着時刻は12:00数分前。滑り込みセーフでランチタイム前に受け付けてもらえ、わずか10分ほどで受け取り完了。

ただ、このタイミングだとコピー屋は既にランチタイムに入ってしまっていて、ビザのコピーができない。コピーがないとリエントリーパーミットの申請を受け付けてもらえず(書類に不備があると番号札がもらえない)、コピー屋もイミグレも13:00からの再開なので、午後一番でイミグレの方に並ぶことは不可能。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

チェンマイ・イミグレーションでの家族ビザ延長(更新)は正常化へ

2017年06月09日
家族ビザ

昨年(2016年)10月頃、ランプーン/ランパーン/パヤオ各県に入国管理局が新設され、これまでチェンマイ入国管理局が担ってきた業務の多くが移転されたことにより、ここ数年の異常な混雑は無くなっていた。

昨年などは朝7時に着いても門前払いだったり、前日からテントを張って順番待ちする輩まで出没して、さすがのタイ人も限界を感じたのだろう。既に数年前から来訪者がキャパシティを大きく上回っていることは明らかだったので、遅すぎる対応ではあるが…。


念のため昨年と同じくらいの時間に出かけて順番待ちをしたところ、昨年より3時間半も早く手続きを終えることができた。

6時20分頃:イミグレ到着(家族ビザでは4番目)
8時30分頃:業務開始
10時20分頃:番号呼び出し
10時50分頃:申請完了
11時40分頃:写真撮影およびパスポート返却

という具合で、用意していった書類がほぼ完璧だったこともあり申請もわずか30分(過去最短)で済み、極めてスムーズ。

現在のボトルネックは申請後の処理だが、それでもこの調子なら(もしかしたら)午後からの申請でも間に合うかもしれない。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

TM.30を再入国後24時間以内にアップデートして罰金を回避

2017年06月07日
2階のイミグレ

ある日突然(2016年11月から)、長期滞在外国人が再入国する度に24時間以内のアップデートを義務付けられるようになったTM.30(外国人を宿泊させた場合の届出)

2017年6月現在、この業務はプロムナーダ2nd Floor(Ground Floorにあるイミグレーションの2つ上の階)のイミグレーション・オフィスにて行われている。

続きを読む
posted by k | ビザ関連

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。