実は不自由なタイ

2020年08月09日
コロナの新規感染者が2ヶ月以上も発生していないタイで暮らすのと、感染拡大が続く日本で暮らすのとでは、どちらが幸せなのだろうか。

タイ人なら当然タイの方が暮らしやすいだろうが、日本人の場合は個々の置かれた状況により感じ方は違ってくる。

日本人でタイの方が居心地が良いと感じるのは、

1. 必要十分な資産または収入がある人
2. 自分で自由に動きまわれる程度に健康な人
3. 良きパートナーに恵まれた人
4. 日本に帰るべき場所がない人

だと思う。とくに1、2はどちらも必須条件。

基本的にタイではお金がない外国人は歓迎されないし、長期ビザも取得できない。タイ人と結婚した人でさえビザ取得・更新には大金が必要。中にはビザランで凌いでいる人もいるが、そんな荒業ができるのも健康なうちだけ。健康でなければ日々自由に出歩くことさえままならないし、お金がなければまともな医療も受けられない。お金と健康がなければ不自由きわまりない国なのである。 

コロナ関連の支援にしても、外国人にも公平に一律10万円支給(他にも多くの経済支援あり)の日本とは違い、タイ在住の外国人はどれだけ困っていても1バーツたりとももらえないし、その他の経済支援も一切ない。

タイで国内感染が制御できているのも、日本ではできない(中国、北朝鮮くらいしかできない)ような強硬策がとれるからに他ならない。

タイは自由な国のように見えて、実は大っぴらには語れないことがあるし、国民 外国人は常に国に監視されてもいる。

強権発動によりコロナはないが支援も自由もない国で暮らすのと、民主的で自由だがコロナが蔓延する国で暮らすのとでは、どちらが幸せなのだろうか。
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

タイに帰れないタイ人2

2020年05月17日
タイの空港閉鎖が6月30日まで再延長された。元々は4/4-4/6だったのが→4/18まで→4/30まで→5/31まで、と3回延長されているので、これで4回目の延長となる。

既に1ヶ月半近くも耐え忍んでいるのに、あと2週間の我慢…のはずが更に1ヶ月半も先となるとさすがに絶望感が漂い、私の周辺の帰れないタイ人たちは皆憤っている。何もしてくれないタイ政府に対して。

以下、在タイ日本国大使館からのメール(5月16日付)を転載。

(引用ここから)

・タイ民間航空局は,5月31日までタイ国に向けた航空機の飛行を禁止していた措置を、さらに6月1日00時01分から6月30日23時59分まで再延長する旨発表しました。
・本措置は今後の発表等により変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めてください。 

タイ民間航空局からの発表の日本語仮訳は以下のとおりです。

航空機のタイ向け飛行の一時的な禁止(第5号)
第1項 6月1日00時01分から6月30日23時59分まで、タイ国に向けた飛行を一時的に禁止する。
第2項 タイ民間航空局が旅客輸送のために第1項の期間について発行した、タイ国に向けた飛行許可を取り消す。
第3項 以下の航空機は、第1項の禁止事項に含まない。

1. 政府及び軍用の航空機
2. 緊急着陸を行う航空機
3. 乗客の降機を伴わない、給油目的の着陸を行う航空機
4. 人道支援目的、医療目的もしくはCOVID-19感染者を支援するための物品輸送を行う航空機
5. 本国送還のため飛行が許可されている航空機
6. 貨物輸送

第4項 第3項の航空機の乗員は、14日間の隔離といった、感染症予防に係る国内法規及び非常事態令第9条に基づく決定事項に則した措置に従わなければならない。

以上、現時点から追加の指示があるまで適用する。
仏暦2563年5月16日
タイ民間航空局長

(参考)タイ民間航空局HP
https://www.caat.or.th/th/archives/50431

(引用ここまで)

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

タイに帰れないタイ人

2020年05月09日
タイの入国制限が始まった3月22日以降、タイに帰りたくても帰れない(日本で足留めを食っている)タイ人が私の周辺だけでも数名いるが、困っている自国民に対してタイ政府やタイ大使館は積極的には何もしてくれていない。だからいまだに帰れていない。

最初に私が在東京タイ王国大使館公式サイトに掲載されていたメールアドレスに問い合わせメールを送った際はエラーで届かず、電話をしても(営業時間内かつ有人応対の時間帯であるにも関わらず)誰も出なかった。

二度目に在東京タイ王国大使館公式サイトの問い合わせフォームからメールを送った際も返信はなく、電話をしても(日本もタイも平日であるにも関わらず)「本日は休館日です」と自動アナウンスが流れるのみだった。

三度目にして(つい最近)ようやくメールの返信があったが、タイ人を帰国させる方法の詳細についてはタイ語でしかアナウンスしていないことがわかった。なるほど私のようなタイ語ができない日本人には情報がキャッチできなかったわけである。でも日本にある大使館なのだから、様々なケースを想定して日本語でもアナウンスするべきだと思うのだが・・本当にやる気があるのなら。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

ずるいタイ人

2019年03月20日
先月、チェンマイ大学にて『第14回北部タイ大学生日本語スピーチコンテスト』が行われ、優勝者のスピーチ全文が某フリーペーパーに掲載されていた。

要約すると、ある貧しい山村に生まれた勉強熱心な女の子が、猛反対する両親を説得して独力で高校へ進学し、往復60kmの道のりを毎日バイクで通い、2つのバイトを掛け持ちして学費や生活費を自分で稼ぎながら、現在も大学で日本語を学んでいるが、これら多くの障害も少し見方を変えれば人生経験を積む良い機会であった、というような内容。

この優勝者には上智大学への1年間留学特典(授業料免除、往復航空券・生活支援金支給)が与えられたというのだから、貧しいタイ人にとっては夢のような出来事。絵に描いたようなサクセスストーリーに一同拍手喝采。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

掃除機を使わないタイ人

2018年07月30日
竹箒

リヤカーを引いてわざわざ家の前(チェンマイ郊外の村のソイの奥深く)まで売りに来て、竹箒1本がたったの35バーツ(約120円)。緻密な作りとはいえないものの、それなりに手間がかかっている手作りの品がこの価格で(人件費を差し引いても)利益が出るのだとしたら、原価は一体いくらなのか…。
※タイの最低賃金は全国一律300バーツ/日。

カエルのおもちゃの時も思ったが、物価上昇の著しい昨今のタイでも、たまにとんでもなく安いものに出くわすことがある。

室内用ほうき

ちなみにこちらは以前購入した室内用のほうき。同じようにして家の前まで売りに来た人から買ったそうだが、竹箒よりも小さいのに1本50バーツと少し高い。聞けば竹箒の穂先は椰子の葉の幹の部分だからどこにでも大量にあるが、このほうきの穂先は山にしかない(採集が難しい)ものだから…とのこと。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

ほんの少し先の未来が予測できないタイ人

2018年07月16日
予測はできなくても夢は見られる - HONDA Dream

「不注意」と言ってしまえばそれまでかもしれないが、それが原因で簡単に命を落としてしまうタイ人は非情に多い。また、タイ人の不可解な行動の多くも、「ほんの少し先の未来が予測できない」と考えることで説明がつく。

チェンライの洞窟の件では世界中から各分野の専門家が集結して支援したこともあり奇跡的に全員無事生還を果たした(タイ人ダイバー1名のみ犠牲になった)ものの、そもそもこの時期(雨季)に雨による増水を考えずに洞窟などに入り込む方がどうかしている。

私の周辺でも、浅い川や静かな湖で溺れたり感電・ガス爆発等ほんの少し先のことを考えれば避けられたであろう事故で命を落とした人が何人もいるし、交通事故に至ってはもはや日常茶飯事。つい先日も、無免許・無保険・ヘルメット無し・3人乗り・傘差しながらでバイクを運転していた少年(高校生)が自損事故を起こして亡くなった。

この少年(の親)の場合、当然ながら申し立てる相手もなければ示談する相手もなく、保険金や見舞金はどこからも何も出ないばかりか、頼みの綱の30バーツ医療さえ(交通事故は適用外なので)使えず、数万バーツの入院・治療費は全額自己負担。下手をすれば、大怪我を負わせた同乗者(の親)から入院・治療費を請求される恐れすらある。貧困家庭なのに。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

成人年齢の引き下げと国籍選択期限の短縮 - 日本タイハーフ(二重国籍)の苦悩

2018年06月18日
日本国

(日本国において)成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が2018年6月13日に可決・成立し、2022年4月1日より施行される。この改正は、日本人とタイ人との間に生まれ日本とタイ両方の国籍を有する子どもたちの将来にも、少なからぬ影響を及ぼすことになる。

日本もタイも二重国籍を認めていないため、一定の年齢に達した時点でどちらかを選ばないといけないが、日本国籍の選択期限(*)は、現行法では「22歳に達するまで」なのに、改正後は「20歳に達するまで」と短くなる。2年短くなるだけとはいえ、進路の定まらないこの時期の2年は大きいように思われる。大学卒業後に日本人として就職するのとタイ人として就職するのとでは、相当な違いがあるわけで。

*タイ国籍の選択期限は、「満20歳から1年以内(21歳に達するまで)」。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

他力本願なタイ人

2017年01月17日
すべてのタイ人がこうだ、とまでは勿論言わないが、私がよく知る(よく見聞きする)駄目なタイ人の典型例を以下に挙げる。

タイ人とはこういうものだ、と悟って諦めるべし。

続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。

タイ人のパスポート申請はIDカードと1,040バーツのみ

2016年12月09日
タイのパスポート

先日、訳あって家族(タイ人)のパスポートを作りに行ってきた。

申請場所はメーリム方面にあるChiangmai City Hall(チェンマイ市役所)内のPassport Office



続きを読む
posted by k | タイ人

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
いつも応援ありがとうございます。